ヴィンテージファブリックの、鮮やかな“潔さ”に思いを馳せて。

アクセサリーに魔法をかける ヴィンテージファブリック “潔い” 色と柄

by ulab.

View

1.1K

値段

在庫数

ヴィンテージファブリック “潔さ” に思いを馳せて…

編集日時: 2015/08/24 01:40
はじめましての皆様も、はじめましてではない皆様も、
こんにちは!ulab.おざきゆうです。

本日は、私の大好きな「ヴィンテージファブリック」についてのお話を。

ulab.のアクセサリーの中で、まるまるシリーズ、Pomponシリーズでは、
主に60~80年代のヴィンテージ布(ファブリック)をデザインに取り入れています。

60~80年代ヴィンテージファブリックの魅力は、
“潔さ” だと個人的には考えています。

色も柄も、ハッキリ、クッキリ、パッキリ。何だか迷いがないのです。


例えば・・・

こちらは、
60年代 Made in USAのコットン
保管状態が良かったのか、すばらしい発色!

マーガレット、アネモネ、リンドウ、ポピー…
布地いっぱいを埋め尽くす、花、花、花!
プリントも細かく、絵本を眺めているような気持ちになります。



こちら、
実は元々は年代物の「ネクタイ」なんです。
繊細なシルク織…幾何学モチーフが繰り返される。
今では、なかなか目にすることがない柄です。

大切にクリーニングを施してから、アクセサリーに。
小さく切り取っても存在感を失わない。お気に入りの一枚。



そして、こちら。
めいっぱいに、鮮やかな薔薇がプリントされた一枚

甘くなりがちなローズを、主張のある夏色に仕上げた心意気。
デザインした人に会いたい…そして讃えたい。



ヴィンテージファブリックの持つ “潔さ”

取り入れることにハードルを感じる方も多いと思います。
Usedファッションの場合は、形が合わないことも多くあります。

好きだけれど…近づくことが難しい時もある。片思いのように。

ulab.では、
そんなヴィンテージファブリックを
「アクセサリーとして取り入れること」で、
身近な存在に感じて頂けたら…と製作しています。

片思いのモヤモヤを感じた人にも、楽しく身につけてもらいたい。
身につけることで、わくわく、どきどき、笑顔になるようなアクセサリーを。




使い切ってしまったら、おそらく再び出会うことは難しいでしょう。
だからこそ、大切に。この“潔さ”…引き継ぎます。

………………………………………………………………………………


今後も、新作やイベント情報などをご案内予定です。
お時間ある時、気晴らしをしたい時など、
ショップBlogやFacebook等をご覧いただけますと光栄です。
今後ともulab.を何卒宜しくお願い致します。

ulab.おざき ゆう

Facebook「ulab.」ブランドページ は → こちら



ヴィンテージファブリック “潔さ” に思いを馳せて…

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします