黒みがかった赤褐色と銀色に光る四つ葉のクローバー

栗皮色に銀色の四つ葉のクローバーが映える、渋さが嬉しい一枚です。場所も乗せるものも楽しめるのが特徴です。

by つづるガラスアート /Glass that connects life

View

46

値段

¥ 5,280

在庫数

5

黒みがかった赤褐色と銀色に光る四つ葉のクローバー

編集日時: 2021/05/17 17:56




黒みがかった赤褐色は栗皮色


秋の色味、染色で使う渋皮の色、江戸時代に流行った着物の色、などなど。栗皮色は、昔から身近にありますね。

周りに溶け込み、主張を抑えつつ、何かを映えさす色は「縁の下の力持ち感」があります。







つやつやしい栗皮色と銀色のクローバー


つややかな色味が陶器のような趣で、本当にガラス?と思えてます。

栗皮色のガラスプレートって、珍しいですね。

控えめに光る銀色の四つ葉のクローバーは、本物を焼き付けて仕上げています。

不思議な組み合わせの様ですが、しっくりと馴染む様子が気に入っています。










私にとってよいもの


木製の歯車。

なんだよコレ?が私には良いもの。

コレクションする小物は多くないけれど、四つ葉のクローバーと一緒に飾って楽しみたい。

お香やアロマキャンドルも良さそう。明日は違うものを乗せて楽しもう・・。





ずっと使いたい・・。


四つ葉のクローバーと好きなものを置いて、ラッキーアイテム化するのも、楽しそう。

香りを楽しむお香や石鹸、お気に入りのアクセサリーや小物、あの人の写真の前にお饅頭を乗せて守って貰おうか。

小さな変化が、嬉しい時間に繋がるヒトサラです。



撮影場所:Indigo

黒みがかった赤褐色と銀色に光る四つ葉のクローバー

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします