その日は、雨風が強い日でした。SUMI9の物語

SUMI9のご紹介です。風雨に晒され、吹き上げられた海水で焼けても美しい造形の葉を焼き付けました。その出会いの物語です。

by つづるガラスアート /Glass that connects life

View

62

値段

¥ 9,000

在庫数

0

その日は、雨風が強い日でした。SUMI9の物語

編集日時: 2021/03/01 12:33



その日は、風雨が強い日でした。


その日は風雨が強く、傘をさしても無駄に思えて、外に出ませんでした。

窓から眺める空は雲が厚く広がり、雨粒は水の道を幾重にも作り出していました。

翌日は、鳥の声と、冬を超えたような温かな光が届き、私は浮かれて散歩に出かけました。

枝は折れ、遊歩道は道が見えないほど葉で覆われていました。




若葉が風雨に晒されて、朽ちていました


枯れ葉は大きな葉から若葉までさまざまですが、風雨で生まれた枯れ葉は、環境によって作り出されているようです。

虫に食べられたり、風で切れたり、海風に運ばれた海水で焼けたりと、すくすく育ち大きな葉になる前に散ってしまいます。

そんな沢山の若葉が遊歩道を埋め尽くしていました。





それでも、美しいと。


抗えない自然の大きさを改めて目にし、遊歩道に散る若葉たちはその一部であり、大いなる命のリレーを見ているようでした。

葉には穴が開き、雨でくたくたによれて、塩をかぶり変色し、風で葉は切れて一部がなくなっていても、美しいと思いました。

その中から数枚持ち帰り、SUMI9は生まれました。





自然の造形をお手元に


それらの若葉の美しく生命の力強さに惹かれます。

お楽しみいただければ幸いです。




その日は、雨風が強い日でした。SUMI9の物語

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします