金彩シリーズは、金と青緑の組み合わせが美しい

金彩3のご紹介です。皿の縁を金彩で飾られたガラス皿です。お正月のハレの日におススメの一枚です。お皿の裏面をすりガラスにしているので、ガラス地の青緑色が品よく浮かび上がり、アマビエ様を引き立てます。皆様へ厄除けの願いを込めました。

by つづるガラスアート /Glass that connects life

View

1.5K

値段

¥ 8,000

在庫数

1

金彩シリーズは、金と青緑の組み合わせが美しい

編集日時: 2020/12/29 16:09

 

 
 
 
 

 

お正月などハレの日の一枚におススメです

 

金彩に縁どられた華やかな金彩-3と金彩-4です。お正月などハレの日におススメの一枚です。

 

 
 
 
 

 

品の良い青緑色が浮かび上がり、早朝の湖のよう

 

リユースガラスで作られているので、つづるガラスは薄い青緑色をしています。お皿の裏面にサンドブラストという細かい砂を吹きかけ、透明のガラスから不透明のガラスへ加工しています。不透明なガラスにすることで、品よく青緑色が浮かび上がり、まるで早朝の湖を思いださせます。

 

 

 

 

 
 

 

お正月のご馳走を盛り付ける祝善にぴったり

 

お正月の祝善(いわいぜん)にピッタリです。食材を静かに華やいで引き立てます。

エビは背が曲がるまで幸せに。紅白のお刺身は鬼滅の刃風に格子柄に。鯛のお刺身は祝善に欠かせない。

あなたの祝善にお使いください。

 

 

 

 
 
 
 
 

 

 

金彩シリーズは、金と青緑の組み合わせ

 

金彩シリーズは金の縁取りとガラス地の薄い青緑色の組み合わせを楽しむ一枚です。

シンプルさを楽しむお皿として、お手元にお届けいたします。

 

金彩シリーズは、金と青緑の組み合わせが美しい

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします