シンプルでやりすぎないデザインに。ターコイズのうつわが出来るまで

お花のようなターコイズの器が出来るまで、形を作るところから釉薬をかけて色付け、焼成と紹介します。普段使っているお皿がどうやって出来ていくのか考えたことはありますか?

by Tomohiro Kato

View

3.2K

値段

¥ 3,996

在庫数

0

ターコイズのうつわが出来るまで

編集日時: 2015/10/07 17:47

以前から輪花の皿を作りたいと思っておりました。
しかし輪花の皿は既に数多く存在していて同じような物はあまり作りたくないなと思っておりました。
そしてシンプルでやり過ぎないデザインを考えた時にこの輪花皿を思いつきました。

この皿はタタラ技法という陶芸の技法で製作されております。
石膏の型にタタラという板状にした粘土を被せて叩いて作ります。



花弁のラインは鎬(しのぎ)という技法でラインを入れています。
ラインを入れる事によって花弁が強調されより輪花らしい形になっております。

ターコイズの釉薬をかけて16~17時間ほどガスの窯で焚きこのような色に焼き上がります。
鎬(しのぎ)を入れたところに釉薬がたまり濃淡が出来て立体感が出てきます。
今の季節はこの器に梨を盛り付けると良い感じです。

ターコイズのうつわが出来るまで

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします