ヴィンテージジュエリーってなあに?手元を華やかに魅せる自分だけのジュエリー

露出の増えるこの時期は手元を華やかに魅せてくれるヴィンテージリングがおすすめです! 自分だけのジュエリーと巡り会えますように。

by swim

View

1.2K

値段

¥ 26,000

在庫数

1

ご挨拶。そして【ヴィンテージジュエリー】ってなあに?

編集日時: 2017/08/09 19:21

はじめまして。

7月20日よりオンラインショップをスタートしましたSW:M (スウィム)です。

SW:Mはユニセックスに使えるヴィンテージジュエリーを専門に扱うお店です。

 

 

挨拶もさておき、いきなりの質問になってしまいますが....

「みなさまが思う"ヴィンテージジュエリー"ってどんなイメージですか?」

そもそも"ヴィンテージ"ってなあに?

"ジュエリー"ってなんだか高そうな響き....

などなど、この言葉から連想するイメージって何だか近寄りがたい!

ですので今日は"ヴィンテージ"について少し触れてみたいと思います。

 

 

実は"ヴィンテージ"ってとてもとても身近にあるんです。

例えば小さい頃から大切にしている貯金箱やぬいぐるみ、もう着られないけど思い出がたくさん詰まった洋服。

他には誰にもいえないような秘密の"なにか"(どこにしまったか忘れちゃうものも多いですが 笑)。

人それぞれ物は違えど、ずっと大切にしてきたものって長い時間を共にしていたりしませんか?

それこそが"ヴィンテージ"なのです。

 

 

一般的にはヴィンテージの定義を"30年以上経ったもの"と言ったりしますが、私はその年数よりもそれに対しての"想い"が色濃く詰まったものこそがヴィンテージという名前に相応しいのではないかと思うことがあります。

ヴィンテージバイヤーは古いもの、そしてその中に商品としての価値があるものを見つけること。が仕事になるわけですが、巡りに巡ってバイヤーと結ばれる運命になるアイテム、この出会いに辿り着くまでの道のりっていろいろなドラマがあったんだろうな....といつも思うんです。

そのドラマこそ前述しましたみなさまが大切にしていたものへの"想い"なんですね。

 

さて、只今ヴィンテージジュエリーの中でもヴィンテージリング(指輪)を主に扱っているSW:Mですが、今回ご紹介したいとっておきのリングは1970年代のもの。

 

 

肉厚で重量感、重厚感共に備えたユニセックスリングです。
こういったシンプルながらも洗練されたデザインはとても緻密に計算されたもので、中々現代のデザインには見受けられません。
メゾンブランドがヴィンテージジュエリーからインスピレーションを受けることはよくある話ですが思わず納得してしまいます。

Size : 16号
素材:925 silver
年代 : 1970年代
For : Men & Woman

26,000円

 

 

 

 

 女性も男性もつけやすいデザインなのも嬉しいですし、一点物のアイテムなので自分だけの大切なお守りのように日々身につけて育てていく楽しみがあります。

またシルバーという素材は使えば使うほどにかっこよくなっていきます。

それは傷だったり、くすみだったり様々なのですが所有される主との時間が反映されていくものです。

自分の身体にどんどん馴染んでいくと、つけ忘れた日には違和感を感じてしまうほど!

どのようなスタイリングにも実は相性が良いので是非お気軽に取り入れてみてください!

 

※指輪のサイズが分からない、リングのサイズを直したい(ご購入商品のみ対応)というご相談もお待ちしております。

 

instagram : https://instagram.com/_swim_official_

 

 

ご挨拶。そして【ヴィンテージジュエリー】ってなあに?

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします