ビンテージスウェットで楽しむリラックススタイル

続々と春夏アイテムが入荷しています。その中でもビンテージではなければ出せない風合いのアイテムのひとつがスウェットです。季節的にもオススメしたいのと、ご紹介出来るアイテムの幅もあるのでこの機会に是非ご掲載頂きたいです!プリントものから無地ものまで揃っています。よろしくお願いいたします。

by suelto

View

175

値段

¥ 6,800

在庫数

1

ビンテージスウェットで楽しむリラックススタイル

編集日時: 2018/04/16 18:02

寒暖差が激しく着る服に悩む時期ですね。

 
シャツやブラウスじゃ寒いような…

アウターを着るほど寒くないような…

 
そんな隙間を埋めてくれるアイテムとしてオススメなのが薄手のスウェットです。


ちょうどビンテージスウェットが入荷しましたのでご紹介。

生地痩せして軽くなったビンテージスウェットはストレスなく着れて快適です。クラックしたプリントやフェード感、ゆがみのある縫製は復刻には決して真似出来ない唯一無二のアイテムだと思います。

 

 では簡単にプリントのご紹介を。

こちらはアメリカ沿岸警備隊(アメリカえんがんけいびたい、英語: United States Coast Guard, USCG)、アメリカ合衆国の沿岸警備隊のプリント。

そしてこちら(University of Southern California、略称:USC)は1880年に設立されたアメリカ西海岸最古の名門私立大学のプリントです。

 

ビンテージスウェットの特徴でもあるラグランスリーブ。

今現在もスウェットに多く用いられる製法ですが、ラグランスリーブがスウェットに採用されたのは50年代末ごろと言われております。

衿ぐりから脇の下に切替線を入れ、肩と袖をひと続きに袖布を縫い付けた袖のことです。


ラグランスリーブ自体はクリミア戦争(1853~1856)中に英国のラグラン将軍が考案したのものという一説もあります。

袖ぐりが深くゆとりがあるため、負傷者にも楽に着脱できる事から長く愛されているわけですね。

 

 うんちくはさておき、、古着好きの方にはきっと気に入って頂けるアイテムだと思いますので、是非商品ページもチェックしてみて下さい。

 


ではまた!

 

ビンテージスウェットで楽しむリラックススタイル

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします