煎茶を煎ればほうじ茶にも!伊賀焼の窯元・土楽の「ごま煎り」

伊賀焼の窯元・土楽の「ごま煎り」が初入荷しました。焙烙(ほうろく)とも呼ばれるこの道具は、ごまや大豆などの穀物や茶葉を煎るもので、古くから日本にある素焼き土器の一種。洗いごまだけではなく、いりごまをさっと煎るだけで香りと味が蘇ります。煎茶を煎ってほうじ茶を作ったり、コーヒー豆を焙煎することも!

by studio482+

View

2.6K

値段

¥ 2,160

在庫数

0

伊賀焼の窯元・土楽の「ごま煎り」

編集日時: 2018/01/25 14:55

 

studio482+に新しい道具が仲間入りしました。

土楽の「ごま煎り」。

焙烙(ほうろく、またはほうらく)とも呼びます。

ほうらく、がなまって、ほうろく、になったとか...。

呼び名は地方によって違い「焙烙」=皿型、「ごま煎り器」=茶器型(このタイプ)、と分けているところもあります...。

ちょっとややこしい。

 

焙烙(またはごま入り器)は大昔から日本ある台所道具で、

ごまのほか、大豆、玄米など穀物を煎ったり、煎茶でほうじ茶を作ったり、コーヒー豆も焙煎できます!

ちなみに、焙烙で夫が初めて生コーヒー豆の焙煎に挑戦したところ、意外や意外、びっくりするほどおいしかったです。

豆の焙煎は均一ではないし、技術もゼロだけど...。

 

 

 

この「ごま煎り」は伊賀焼・老舗の窯元の土楽の作品です。

「火だすき」の模様は、藁をのせて窯に入れ焼き上げたもの。

火だすきは備前焼でよく使われる技法です。

藁のところだけ赤茶に染まります。色も表情もそれぞれまったく違うのが特徴です。自然と偶然が生み出すデザインが美しい。

 

 

例えば、市販されている「いりごま」も、さっと煎り直すだけで全然違うんです。

いりごまだったら15秒ぐらいかしら。味を比べると一目瞭然。香りも味もぐっとよくなっています。

 

 

 

 

この「ごま煎り」は握り手が普通のものより長く、持ちやすくなっています。

土楽・福森雅武さんの奥様いわく、この長さじゃないとダメなんです、と。
使ってみると、なるほど、この長さじゃないとね、と思います。

 

 

 

studio482+でも扱っている土楽の土鍋と同じで、伊賀の土を使っています。蓄熱力があるので、2分半〜3分温めたら火を消し、ごまや煎茶を淹れて煎る、というような小わざもできます。
さっと煎るとき(煎りごまを蘇らせるときなど)はこちらの方法が断然いい。

火を消して煎る、というのは、思っている以上に安心して使えます。

 


私はこの道具でほうじ茶を作るのが大好きで、

午後、一息入れたいときに飲みます。

部屋全体がお茶屋さんのような香りで、実にアロマティックです。

この香りを嗅ぐだけで、心身がほぐれる。

 

 

 

↑ このぐらいで1分強。茶色まで煎るよりも、まだ緑が残っているぐらいが好き。

 

 

鉄瓶に入れると、お茶がまろやかになって、より一層おいしくなります、ふふ。

 

ほうじ茶の作り方をサイトにアップしました。

http://studio482.shivaniiskitchen.com/posts/2670084

 

 

「煎る」は大昔からある日本の伝統的な料理法です。

それは台所に立つ人に、愉しみと、香りと、そしておいしさを与えてくれる技法です。

料理は単に「作業」じゃない、ってことを日本伝統の台所道具はいつも教えてくれます。

 

煎る楽しさを、この「ごま煎り」で!

 

 

ごま煎り商品ページ

https://studio482.theshop.jp/items/7478175

 

伊賀焼の窯元・土楽の「ごま煎り」

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします