日本の伝統工芸道具「すり鉢」が、食卓を変える。多治見「山只華陶苑」加藤智也さんのすり鉢

岐阜県多治見の窯元・山只華陶苑の加藤智也さん(グッドデザイン賞受賞作家)が製作したすり鉢。彼が9年かけて編み出した「波紋櫛目すり目」でスピーディに、香りを引き出し、利き手関係なく擂ることができます。大きすぎず、小さすぎず、ほどよいサイズで、食卓で器としてもお使いになれます。美しさと機能性に優れた秀作品です。

by studio482+

View

11.5K

値段

¥ 5,500

在庫数

1

日本の伝統工芸道具「すり鉢」が食卓を変える! 多治見「山只華陶苑」加藤智也さんのすり鉢

編集日時: 2018/09/10 10:27



studio482+がすり鉢を扱うことになったわけ

以前、幼稚園のお母さん方のために料理教室を開いたことがあります。その中で「すり鉢ひとつで作る!クッキー」をご紹介しました。洗い物も少なくて済みますし、子供たちと一緒に「どろんこ遊び」感覚で作れるのでいいかなぁと思ったからです。ところが半数以上のお母さんがすり鉢を持っていなかったのです!これには正直びっくりし、落胆しました。あぁ、こうやって少しずつ日本の伝統工芸が失われていくんだなぁ、と実感した瞬間でした。


私は母のすり鉢の音で育ちました。すり鉢で山芋を擂る一定のリズムの音が心地よく、そこに母の存在を感じて安心したものです。
多くの人の「母」の記憶は台所で働く音や匂いではないでしょうか。キッチン道具は母から子へ受け継がれていくものだと思います。その中でもすり鉢は代表的なキッチン道具。すり鉢をもっとキッチンの表舞台に立たせたい、そんな気持ちをこのすり鉢に託しています。


加藤智也さんのすり鉢について


多治見・高田の青土を使って製作される加藤さんのすり鉢は、その土の性質から表面にざらつきがあります。これが摩擦力となり、擂る力が堅牢になります。いっぽうで大小の粒子が混ざり合った青土を使うことでやわらかさが生まれます。摩擦力の強さと優しさの両方を持ったすり鉢になるのです。

加藤さんが9年をかけて編み出した「波紋櫛形すり目」により、すり鉢の力を最大限に引き出すことができます。このすり目はまるで江戸文様ののように美しいのですが、デザインだけの理由でこのような文様にしているわけではありません。擂るときの摩擦熱が少なく、食材の香りを十分に引き出すことができます。またあまり力を入れなくてもスピーディーに擂ることができ、右利き、左利きに関係なく擂ることができるように設計されているのです。すり目にはガラスの粉を混ぜた釉薬が塗られています。これにより一層堅く、しっかりとした摩擦力が生まれ、すり鉢自体が長持ちします。
このすり鉢は人に見えにくい、隅々に至るまで機能性と精神性が入っているのです。





器にもなるパーフェクトサイズ

すり鉢の製作を加藤さんに頼んだ時にこだわったのがそのサイズ。キッチンに置きやすく、すぐに取り出して使えるようなサイズで、青菜ひと束分(4人分)の和え物ができ、器としてそのまま食卓へ出せるようなすり鉢が希望でした。加藤さんの工房にお邪魔したときに目に付いた「カフェオレボール」のサイズはイメージとぴったり!それをすり鉢にアレンジしていただきました。カフェオレもいいけれど、このすり鉢でスパイスを擂ってインドスパイスティ「チャイ」を飲みたい、ということで「Chai」と命名。

studio482+ではこの「Chai」、加藤さんが個展や展示会で出品している「KATAKUCHIさん」、グッドデザイン賞を受賞した「JUJU mortier 8寸」など、6種類のすり鉢をお取り扱いしています。





パスタソースやつけ麺も!

すり鉢は胡麻をするだけの道具と思っていませんか?
加藤さんのすり鉢は摩擦力があり、スピーディーに、そして香りが立つように設計されていますので、ソースやペストを作る時にも役立ちます。




すり鉢でバジルペストを作り、茹でたパスタを入れ、和えて食卓に出すこともできます。





胡麻を擂り、生姜やにんにくをすり鉢にすり目でおろし、薬味を入れてつゆを入れれば「つけ麺」のタレが出来上がり。食卓でそのままボールとして使えますから便利です。





夏は冷やし担々つけ麺もおいしい!

昔からある道具がずっとあり続けるのは、それなりの理由があります。
「便利」だけを追求せず、その道具が持つメンタリティと実用性を見つめて台所に立ってほしいと思います。

 

日本の伝統工芸道具「すり鉢」が食卓を変える! 多治見「山只華陶苑」加藤智也さんのすり鉢

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします