studio482+の記事一覧

studio482+の記事が15件、掲載されてます。studio482+は、 キッチン 土鍋 ものづくり 陶器 キッチン雑貨 料理 食器 すり鉢 羽釜 お米 塩壺 のキーワードが多く含まれているネットショップです。studio482+が販売している商品に関するストーリーを読んでみましょう。

エニシダ根で作られた、スウェーデンのハンドメイド鍋ブラシ

エニシダの根で作られた鍋用ブラシ。スウェーデンの老舗、iris hantverk社で製作された100%ハンドメイドの台所道具です。 フライパンや鍋底にこびりついた汚れをきれいに...

studio482+

飾っておきたいほどおしゃれ!機能性+デザイン=なべしきハウス

折りたたんだ状態では小さなオブジェ。広げると鍋敷きになる機能性とデザイン性を兼ね備えた優れものです。広げた状態で22cm。大小さまざまな鍋をしっかり支えてくれます。安定感抜群で、...

studio482+

伊賀焼・土楽窯で製作された、煮出し茶に活躍する土瓶

土楽の「土瓶」が初入荷。「やかん」として直火で火にかけられ、3年番茶などの煮出し茶にも便利です。もちろん普通に「急須」としてお使いいただけます。(アメ釉と青土釉の2色)ろくろで丁...

studio482+

ひとつひとつ職人が作りました。ずっと使える万能な「辻和金網の丸網」

京都・辻和金網の丸網。職人が手仕事で製作しています。 丸網は台所で便利に使えます。例えば、1.蒸し器の受け皿として。2.煮物など遠火でコトコト煮るときに。3.コンロの五徳よりも...

studio482+

煎茶を煎ればほうじ茶にも!伊賀焼の窯元・土楽の「ごま煎り」

伊賀焼の窯元・土楽の「ごま煎り」が初入荷しました。焙烙(ほうろく)とも呼ばれるこの道具は、ごまや大豆などの穀物や茶葉を煎るもので、古くから日本にある素焼き土器の一種。洗いごまだけ...

studio482+

辻和金網の「手付焼網」でシンプルな料理を楽しみませんか?

創業80年、京都の老舗・辻和金網の「手付焼網」。釘を打ち付けた台と指先の感覚だけで、細い針目を編みあげて製作されます。 下の受け網が非常に細かいため、食材がコンロへ落ちることが...

studio482+

使い勝手の良さはお墨付き。ギャルリ百草「大判ハンカチ」

ギャルリ百草・安藤明子さんの「大判ハンカチ」が初入荷致しました。吸収性、速乾性に優れ、食器拭き、台ふきん、手拭きなど、また弁当箱を包んだり、洗面所等で手や顔拭きとしてお使いいただ...

studio482+

小は大を兼ねる!双葉商店のイチョウまな板

福井県の山奥から切り出したイチョウの木で製作している、双葉商店のまな板(一枚板)です。イチョウは耐水性、抗菌性、軽さ、弾力性、すべての面で優れている木材です。studio482+...

studio482+

どんな料理も美しく、おいしく魅せる。禅寺のうつわでご飯を食べてみませんか?

曹洞宗の禅寺、岩手県「正法寺」に代々伝わる「正法寺椀」。僧が応量器や托鉢として使用していました。今も正法寺では精進料理をお出しするときに使用しています。「3皿で完結する食事」を提...

studio482+

胡麻や豆、茶葉を煎じてみませんか?土鍋の一種の焙烙(ほうろく)

江戸時代頃からある煎り器「焙烙(ほうろく)」です。胡麻はもちろん大豆、玄米、茶葉などを短時間で煎ることができます。煎茶を煎ってほうじ茶を作ったり、煎り大豆、煎り玄米、コーヒー豆の...

studio482+

折り畳んでいるときはオブジェ、広げると鍋敷きになる「なべしきハウス」

畳んでいるときはオブジェ。広げると鍋しきになる「なべしきハウス」。軽く、場所を取らず、安定感があります。温かみのある天然木、天然色で、植物性オイル仕上げ。 実用性とデザインが認...

studio482+

入れておくだけで塩がサラサラになり、まろやかな味になる「呼吸する塩壷」

「呼吸する塩壷」は湿気を含んだ塩をサラサラの状態にしてくれる不思議な壷です。しかも塩の尖った味が、壷に入れておくとまろやかになります。濡れた手で塩を触ってもしばらくすると元どおり...

studio482+

羽釜でおいしいごはんを炊きませんか?やっと見つけた、伊賀の窯元「土楽」の羽釜

ずっと「ごはんをおいしく炊く鍋」を探していました。高価なごはん土鍋も試してみました。しかしどれもいまいちで、炊き具合にムラがあったり、香りが出なかったり。安定しておいしく炊ける釜...

studio482+

日本の伝統工芸道具「すり鉢」が、食卓を変える。多治見「山只華陶苑」加藤智也さんのすり鉢

岐阜県多治見の窯元・山只華陶苑の加藤智也さん(グッドデザイン賞受賞作家)が製作したすり鉢。彼が9年かけて編み出した「波紋櫛目すり目」でスピーディに、香りを引き出し、利き手関係なく...

studio482+

素材の、ほんとうの美味しさを引き出します。創作野菜料理研究家がプロデュースした土鍋「ORIBEさん」

「焼く」「炒める」「煮る」「炊く」「蒸す」「オーブン料理」、6段活用する土鍋「ORIBEさん」。季節を問わず、一年中使える万能土鍋です。 伊賀焼の窯元「土楽」の福森道歩さん作の...

studio482+