KAHLAの東ドイツ時代製造の、斬新な図柄のマグカップ!

旧東ドイツ(DDR)、ドイツアンティーク雑貨/食器を扱っているStadt(シュタット)です。BASE Mag.と別にBASE Blogに旧東ドイツやドイツ生活の紹介もしています。

by Stadt

View

50

値段

¥ 1,830

在庫数

1

KAHLAの東ドイツ時代製造の、斬新な図柄のマグカップ!

編集日時: 2020/10/20 08:15

Stadtです。

今回はBASEアプリ内の特集に取り上げていただいている、

旧東ドイツ時代に製造された、KAHLAのお花の図柄のマグカップのご紹介です。


ドイツ食器のKAHLAはご存知の方も多いと思いますが、旧東ドイツになる前、旧東ドイツ、
そして今に至るまで続く食器のブランドです。
裏のロゴはデザインが変わっていますが、今でもドイツ国内で販売されています。
現在では白を基調にした製品が多いようです。

ただ今回この記事作成にあたり、今年の3月に破産申請をしたとの記事を発見しました。
知らなかっただけにショックでした。

今年の9月に事業運営は移転再編を通じて、投資家Daniel Jeschonowskiに移管されたそうです。
彼はドイツの筆記用具メーカーSenatorの社長で、この会社では食器やグラス、陶器も扱っている
そうです。KAHLAのHPは変わらず掲載されています。
KAHLAのスタイルが変わらないことを祈るばかりです。

少しグレーが入ったような茶色含め、
そして白で描かれたチューリップのような花柄、旧東ドイツっぽい斬新なデザインが
特徴的なマグカップです。茶色に白の図柄は両面にあります。

写真ではわかりにくいのですが、直径より高さが短かくて普通のマグカップより
コンパクトに感じる所を楽しんでいただきたいです。


アンティークという事もあり、柄のかすれや2か所に小さな凹みがあります。
ただカップ自体に欠けや割れはなくキレイです。


気にならない程度と言いたいところではありますが、
そうでない方もいるかもしれません。

ですのでアンティークという事を踏まえて、
図柄や色がお気に召していただけたり、KAHLAファンの方等に
お手元に置いていただければと思います。

マグカップで少し高さもあるのでデミフォーク等のカトラリーを立てたり、
コスメ用品を立てたりしてもいいかもしれません。


■サイズ:Φ8.2cm×H7.5cm

★送料は別途発生致しますのでご注意下さい。

========================================================

BASE ネットショップの「Stadt」で販売中です。(Blogも見れます)

他の商品も揃えてお待ちしておりますので、覗いてみてくださいね。

★ご感想、ご質問、コメントはBASE内のStadtのメールからお気軽にどうぞ!
KAHLAの東ドイツ時代製造の、斬新な図柄のマグカップ!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします