旧東ドイツのCP製品は魅力的!

旧東ドイツ(DDR)、ドイツアンティーク雑貨/食器を扱っているStadt(シュタット)です。BASE Mag.と別にBASE Blogに旧東ドイツやドイツ生活の紹介もしています。

by Stadt

View

255

値段

¥ 1,650

在庫数

1

旧東ドイツのCP製品は魅力的!

編集日時: 2020/06/30 18:57



Stadtです。

【旧東ドイツ/DDR】CPの金色ライン+小花柄のケーキ皿を掲載中です。
CPとはStadtにも多々upしている、DDR食器の代表格の一つ、
Colditz Porzellanの通称です。

幾何学的なものや、POPな図柄、そして独特な色使いが多いです。
旧東ドイツ食器ですが、ソビエトの流れを汲む東欧食器のくくりにも入る、
皆さんが良く見かけるタイプかと思います。

Colditzとはライプチヒ、有名なマイセンにも近い、
当時陶器の町のザクセン州にあります。
DDR当時は国営企業で、そこで陶磁器が大量生産され
壁の崩壊まで続き、ドイツの東西統一後、会社は民営化、
再構築されましたが1998年に倒産。
そういった歴史の中で生まれた食器類です。


今回のケーキ皿は丁度良いサイズで、柄も小花柄の中心を金色のラインが
通り抜ける面白いデザインになっています。
ただその柄の一部が少しかすれていたり、お皿の中心部に少し使用感があります。
そこにご了承いただければ、お菓子や果物も載せたり出来るかと思いますので、
ぜひご検討を!
★Blog記事の『DDR食器の代表格「Colditz Porzellan」』もご参照ください。

■サイズ Φ18.5cm  
★送料は別途発生致しますのでご注意下さい。

======================================================

BASE ネットショップの「Stadt」で販売中です。(Blogも見れます)

他の商品も揃えてお待ちしておりますので、覗いてみてくださいね。

★ご感想、ご質問、コメントはBASE内のStadtのメールからお気軽にどうぞ!
旧東ドイツのCP製品は魅力的!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします