これから暑い日差しの下で育てたい!質実剛健オールヌメショルダーバッグ

オールヌメ革の質実剛健に仕立てられたショルダーバッグです。天然素材のレザーの魅力を味わって頂きたいので余計な仕上げを行わず北米産原皮牛を兵庫県たつの市で植物性タンニンで鞣した上質なレザーを採用しました。 これから日差しがきつくなる季節に育てたくなるバッグです。

by Specialite & Entree WEB SHOP

View

533

値段

¥ 75,600

在庫数

1

これから暑い日差しの下で育てたい!!質実剛健オールヌメショルダーバッグ

編集日時: 2018/04/18 18:51

当ブランドの新作が「出るぞ!!出るぞ!!」と告知が先行して遅れに遅れまくっておりました。
今月に入ってようやくリリースです。

遅れた理由としては当ブランドのラインナップ史上最も試作で修正を行った結果です。

---------------------------------------------------------------
ショルダーバッグ:『Plat créatif~Tatsuno Special~』
価格:75,600円(税込)
外装素材:フルベジタブルタンニンステアハイド
内装素材:零号帆布(タケヤリ)
ブランド:Specialite
概算寸法:32cm×28cm×18cm
概算重量:1.2kg
カラー:ナチュラルスムース/ナチュラルダコタ
企画:日本経年変化協会
製作:本田宏治
---------------------------------------------------------------

厚み約1.5mmの北米産原皮のヌメ革(牛革)です。
こちらのレザーは現在我が国において最もレザーの精製量を誇る兵庫県たつの市のタンナーにこの鞄のためだけに日本経年変化協会の会長がタンナーの社長様と工場長様と打ち合わせを重ねて別注で精製されたフルベジタブルタンニンレザーです。

石灰による脱毛と何度も洗浄してから、植物性のタンニン鞣しでじっくり鞣された素揚げの状態で傷を隠すための仕上げや染色は一切行われていないナチュララルな状態で鞄に仕立て上げました。

関係者の間では別名『エンジニアバッグ』と呼ばれており、エンジニアブーツのアッパーから着想を得てシンプルにヴィジュアル化されております。

あえて、2WAYにしないことにより鞄の手持ちハンドルを省くことにより、鞄を持った状態のオーナー様のシルエットをよりスタイリッシュになります。

レザーの仕上げは2種類ご用意しておりますが、こちらはダコタ仕上げと呼ばれるものでレザーの吟面に革らしい皺がそのまま表現されております。

そしてこちらは吟面にシワひとつ無いスムース仕上げのレザー。

タンナーさんでレザーを打ち合わせしている際、甲乙つけ難い出来栄えにどちから一つを採用することができずに、2種類の仕上げのレザーでリリースすることに至ったほど、上質なヌメ革を採用しております。

鞄上部はWALDES製のブラス(真鍮)ジッパーを装着。

鞄内部のライニングには明治21年創業の岡山県が誇る老舗帆布メーカーであるタケヤリ製の零号帆布を採用しております。
一般的には帆布のトートバッグも3号ぐらいでも厚手と言われており、零号帆布は柔道着に近いほどの厚みと強度を誇っており、米軍のテントなどに採用されているほどの特殊な帆布です。

鞄を長年愛用すると内装のライニングの破けなどの破損が最も多い修理事例であることから内装の強度までとことんこだわっております。

内装には敷居を施したポケットと敷居の無い大型ポケットを装着しており、小物などを別けて収納できるように設計されています。

ジッパーだけでなく、本作に採用されている金属パーツは全てブラス(真鍮)製を採用しております。
長年ご愛用頂くと染色していないヌメ革はやがて美しい飴色(狐色)へと経験変化し、レザーの経年変化に呼応するように鈍い輝きへと経年変化する素材がブラス(真鍮)であり、レザーと相性の良い素材として知られています。

レザーは元々は牛馬の皮膚ですから牛が生前にあった傷などがございます。一般的には傷を隠すため、染色や色々な仕上げを行います。
今回の仕様はレザーと言う天然素材の魅力を存分に感じて頂きたいため、傷を隠す余計な工程を一切行っていません。

また、2WAYの手持ちハンドルはデザイン上省いておりますが、ふと鞄を持ち上げる際には便利です。
車から取り出す時や飲食店で荷物用のカゴから取り出すときなど、一瞬ですが、鞄本体を持ちたいと言う状況に対して『一瞬手持ちハンドル』を施しております。

それがこちら。エンジニアブーツのアッパーを模しているのでデザイン上の装飾と思われがちですが、本体を持ちたい時はこちらがハンドル替わりになります。

シンプルですが、飽きの来ないデザイン。

そして上質な素材選定と長年のご愛用品に加えていただける仕様となっております。
ヌメ革は日差しによって日焼けして美しい飴色(狐色)に育っていきます。

これから夏に向けて強烈な日差しとなりますが、是非その陽射の下で育てて欲しいレザーバッグです。

これから暑い日差しの下で育てたい!!質実剛健オールヌメショルダーバッグ

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします