ICカードが完全に隠れるシンプルなヌメ革の定期入れ

ヌメ革で作ったICカードが完全に隠れる定期入れです。PITaPaやICOCAなどのICカードってチャージをする時くらいしかケースから出さないものです。 ですが、よく見かける定期ケースは穴が空いていたりして中のカードが丸見え。毎日のように頻繁に使うモノを少しこだわるだけで、それを使うたびに氣分もよくなるものです。

by 草木染レザー Sou-no-Iro

View

1.4K

値段

在庫数

ICカードが完全に隠れるシンプルなヌメ革の定期入れ

編集日時: 2019/02/05 17:30

 

 

 

 

 

 

こんにちは、

 

2018年11月から植物の葉っぱや根から色を採り、

 

自然から頂いた色で染める"草木染"という技法で革製品を作っています。

 

ブランド名 Sou-no-Iro のSouと申します。

 

 

今回紹介するのは普段使いに重宝する

 

「ヌメ革で作ったICカードが完全に隠せる定期入れケース」です。

 

 

 

 

 

 

イコカやピタパなどのICカードってチャージをする時以外はなかなか

 

カードケースから出さないもの。

 

ですが、多くの定期入れは穴が空いていたり、透明なプラスチックのケースで

 

中のICカードが丸見えな状態なものが多いと思います。

 

 

 

 

 

 

こちらの商品はICカードをケースに入れると

 

完全にカードが隠れるので、使う時もスマート、見た目もお洒落です。

 

 

 

 

 

 

毎日使うものだからこそ、少しこだわったものを使うことで、

 

氣分も良くなるものです。

 

 

こちらの商品は手のひらサイズで持ちやすく、

 

さらにICカード一枚分のサイズに合わせて作っているので、

 

中に入れたカードがずれ落ちる心配はありません。

 

 

 

出す時は取りやすい様に、

 

取り出し口を半円型にしているので、

 

スムーズに取り出すことができます。

 

 

 

 

 

 

染色をしていないヌメ革で作っているので、

 

長く使っていると、表面が日焼けしていく経年変化を

 

お楽しみ頂けます。

 

 

 

糸は琵琶の葉で何度も繰り返し染めた

 

麻糸を使っています。

 

草木染ならではの、繊細かつ暖かみのある色です。

 

その糸を手縫いで時間をかけて丁寧に縫い合わせます。

 

手縫いで縫うことで、機械で縫うよりも丈夫になり、

 

暖かみがでると考えています。

 

 

 

 

 

商品は在庫がある場合は即日発送致しますが、

 

基本的には受注生産です。

 

 

草木染をしていないヌメ革の商品は、

 

発送までに1~7日間かかります。

 

 

関西を中心に本格的に活動していきます。

3月10日 大阪府箕面市のキューズモールの広場で行われるみのおマルシェに出店予定です。

 

これからどんどん新ラインナップを出していきますので、

フォロー、お気に入り登録をよろしくお願い致します(^^)

 

 

ICカードが完全に隠れるシンプルなヌメ革の定期入れ

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします