本来の“コーヒークッキー”の形。

本来の【“コーヒー”クッキー】とは?

by 焼き菓子屋 そぼくな。

View

311

値段

¥ 800

在庫数

4

本来の“コーヒークッキー”の形。

編集日時: 2019/08/24 12:52




コーヒーというものは。


コーヒー豆と言うくらいだから本来は、緑色のお豆さん。


煎ることで(焼くこととで)黒くなり“人”の“飲食物”になるもの。





コーヒー豆は焼くことで、ガス(香り)を放つ。

生命力があふれた、香る癒しはたまらない。





スーパーや、チェーン、大手百貨店、製菓材料店、業者。。が

売り出しているコーヒー豆は、

焙煎(煎る、焼く)してから、数年経過しているものが多い。


本来の癒しの香りは少なく、油がまとわりつき劣化している。

豆の酸味というよりも劣化した酸味が強く表れ、

【アロマ】と言われるそのコーヒー豆のおいしい油も

劣化することで出すぎてしまい、嫌な酸味を増やしている原因になっている。


焙煎したての【コーヒー豆。】


数か月や数年劣化した【コーヒー豆。】


この二つは【コーヒー豆】という同じ名前だけれども、


明らかに。


香り、食感、舌触り、体に及ぼす影響は違う、【コーヒー豆】です。


これは【焼き菓子】にも当てはまることで。

焼き菓子屋そぼくな。の焼き菓子は賞味期限が短いのはこういう理由からなのです。


鮮度が良く、香や食感の、その時の おいしさ を味わって欲しい。

また

身体と心にしっかりと実になってくれるものを届けたい。



焼いたお肉やお魚、数週間、数か月、数年、置いたままにしますか?

焼いて何週間も経って常温に放置したもの、食べますか?


全くそれと一緒です。


本来、コーヒー豆や焼き菓子は【保つ】ものではなく

飲食物と言う、身体になるものである。



焼き菓子屋そぼくな。は思うのです。


見た目、かわいさ、保つこと。

それも商売で気に掛ける部分ではあると思う。


けれど


それを本質の軸としてしまい

食べてくれる方に売り出したら

本末転倒だと思っている。





【食】は【人を良くする】と書く。


私はそんな

食べ手の身になり、心になり。

そして

食べてくれた方の人生をより良くする焼き菓子を届けたいと思っている。

そして

食べモノをお届けするだけではなくって、

そんな情報や

食べる事、ってなんやろう? と

問う、本質をもお届けして行きたい。


それが

【人】を【より良くする】=【食】 の本質だと思うのです。


ただ、食べるだけでもいい。のかもしれない。

究極を言えば。


でも、

その【食べ物】が【人を作っている】【人生を作っている。】

人には【人生】がある。


人にしかできない生き方がある。



今の日本は贅沢で。

お菓子を食べることも贅沢で。

こんな知識や勉強することさえ贅沢だ。


でもそれは

贅沢を糧にし

人生をよりよくすること。


せっかく人として生きているんだもの。


そんな


一歩前へ。

【人】をより【良】くする【食】である菓子を届ける店でありたい。


なので



今日も

コーヒー豆を焙煎し

生命力を放ったコーヒー豆や

生命力たっぷり

癒し効果たっぷり♡の素材達を

混ぜ込み、焼き、お届けしていきます。







人生の癒しと糧になるようなクッキーを。

焼き菓子を。



読んでくれてありがとう!

焼き菓子屋そぼくな。

ゆ季



【原材料】

よつ葉無塩バター

きび糖

全卵

有機熊本産小麦粉(チクゴイヅミ)

自家焙煎珈琲豆

(その季節においしい!と感じる豆を使います^^)


【添加物、防腐剤】

一切不使用


★賞味期限★

発送日より冷蔵or冷凍保存で約1週間です。


クッキーのみのご注文の場合、冷蔵発送となります。


本来の“コーヒークッキー”の形。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします