【カルダモン クッキー】を作り届ける訳。

【カルダモンクッキー】この子を焼き、届けたい理由。

by 焼き菓子屋 そぼくな。

View

335

値段

在庫数

【カルダモン クッキー】を作り届ける訳。

編集日時: 2019/08/22 14:55

【カルダモンと木の実たち 】という


【カルダモンクッキー 】を

焼き菓子屋そぼくな。では販売している。


この子を焼き始めたきっかけは

【カルダモンロール】 というパンが好きだったから。


北欧ではメジャーなカルダモンロール。


口に含むと
カルダモンがふわーっと
鼻を華やかに♪ 透き通る。

バターの香りとともに広がる
なんとも言えない
あの、癒し。

にまーっと微笑んじゃう、しあわせ。

化学物質では出すことも感じる事

癒すことも、決してできない。

スパイスの癒し、満載!の香り。


カルダモンロール、、
本場では食べたことはないけどね。(おい。)
(生きてる間に食べに行ってみたい!)


さて。カルダモン。

バターと、とっても相性がよくって

魅力的な香りがたまらない!

のに、
スパイス とまとめられちゃったり
シナモン みたいに一般的ではなかったり。
バニラ と同様、高級スパイスということも知られていなかったり。
とっても体に良いこともスルーされていたり。。

こんなに香り豊かで
心身ともに癒しを与えてくれて
あんまり知られていないなんて
もったいない!

カルダモンの事、知ってほしい。

または

マニアックな
カルダモン好き の 新しい癒しの形 になれば!

販売し始めた事がきっかけです。

コーヒーともめっちゃ合うんよ。
(コーヒーもスパイスのような作用があるからかな?)

ここで

この気さくな、でも。可愛い形。についても、触れておきたい^^


この形、

【絞り出しクッキー】 にしたのは

焼き菓子屋そぼくな。は

おいしいリズムを与えられると思っていて。


そのリズムの考え方にも2種類の要素があるのです。


【リズム①】
口に当たる食感が多重奏に広がりリズムを与えられから。^^


カルダモンの香りと伴奏する、食感。

食感のリズムを刻むことで
カルダモンの香りを際立たせる。

サクッなとこと、

しっとり。なとこと。


ふわーんと香る香り。

この絞り出しクッキーのおかげで奏でられる。^^


【リズム②】
見た目のリズム。
食べる前から心が躍るようものを意識して表現しています。

〝カルダモン〟にはこの可愛らしい見た目がぴったり!


木ノ実たちを乗せるのは
食感と見た目、栄養価、それから味わいの彩りに^^

添加物や着色料ではない、

食べ物としての彩りでお届けすることが、そぼくな。のモットー。


小さな舞台の出来上がり^^♡


カルダモン を知ってほしいと思う。

食べてくれる人の【体、心においしい癒し】の選択肢が増えるから。

その食べ手の人生を豊かにすると思うから。


情報もモノも、たくさんある時代やからこそ

自分の身体にいれるべきものを選んでいって欲しい。


食べ物を扱うプロとしてその選択のお手伝いや、考え方。

はたまた

一緒に考えていける店にしたいと思っている。


食べちゃったら消えて、目に見えなくなる焼き菓子。


けれどもそんな食べ手の中に入っていく焼き菓子だからこそ

食べ手の人生を、より良くするお手伝いができる店でありたい。


そんな店でありたい為に

このマニアックなカルダモンクッキーを作っている。



けれども。


それだけじゃなくって、
カルダモンと
それに共鳴するバターや木ノ実たちとの
伴奏も楽しんで欲しい。

それが
焼き菓子屋 の仕事。だとも感じる。


焼き菓子は
一つの素材、だけでは
焼き菓子 とは言えない。


所詮、
組み合わせでしか生まれない菓子で。

それは

心を躍らせてくれる
アート に似ている。


だからって
添加物とかで本気に
アートにしちゃったら
食べ物として、おかしくなるんやけど。。


そう。

私はアートの心躍らせる要素を持ちつつ、

食べ物として焼き菓子を食べて欲しい。


心、体に実になっていくものを作り、届けたい。

添加物の表現はそれはそれでいいけれど
私はあんまりそこに興味はなくって、やりたくない。


ほんとーに

その食べ手にとって実になるものかどうか怪しいものは

私の手から作り出したくない。


菓子にもいろんな表現や食べ方、選択肢がある。


そんな世の中やからこそ
選んで表現したいし
食べて生きたいし
届けたい。



アートと食べ物の、その掛け算。


焼き菓子に込めて


人 に

身体にも

心にも

実になり、向上していけるものを

届けたい。と思う。

ただのアート、だけではイヤで。
ただの食べ物、だけでは家庭が作る菓子で良い。
てか、その方が1番安心安全でしょ。

その、言葉と単語がない、

この間。


この感覚をしっかりと伝え、届けたい。


そんな想いととも

カルダモンクッキー、焼き届けます。


読んでくれてありがとう!

焼き菓子屋 そぼくな。

ゆ季



【原材料】

よつ葉無塩バター

キビ糖

徳島初産み卵(全卵)

アーモンドプードル

熊本産薄力粉(名月)

カルダモン

アーモンド

くるみ

ピーカンナッツ



【添加物 防腐剤】

一切不使用



【カルダモン クッキー】を作り届ける訳。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします