1piu1uguale3がイギリスの靴ブランドSANDERSとコラボしたカーリングブーツ

1piu1uguale3×SANDERSのカーリングブーツが2019年秋冬モデルに登場。

by FAIZ online store

View

119

値段

¥ 110,000

在庫数

1

1piu1uguale3がイギリスの靴ブランドSANDERSとコラボしたカーリングブーツ

編集日時: 2019/11/14 10:06


イギリスをはじめ、世界で評価をうけるSANDERSの靴

Sanders & Sanders Ltd. は1873年にウィリアム・サンダースとトーマス・サンダースの兄弟によってラシュデンに設立された、靴の聖地ノーザンプトン最後の実力派シューメイカーです。会社はファミリーマネッジメントの第4世代中で、多くの熟練職人を雇いながら伝統的なグッドイヤーウェルト製法を今日まで引き継いできました。そのクオリティは、イギリスの靴業界ではわずかなメーカーにしか与えられていないISO9002のAssurance認可を取得している事でも証明されています。
Sanders製品はイギリスをはじめ、30以上の国と地域に輸出されると同時に、時には欧米の著名デザイナーズブランドの生産も請け負っています。最近ではTOM BROWN, Timothy Everest、 STUDIO NICHOLSONや LEMAIREなどと協業しています。 また一方では、質実剛健な靴作りが認められ、今では世界中の多くの警察や軍隊などにも採用されています。特にイギリス国防総省(MOD)に対して多大なる納入実績がある事もSandersの歴史を語る上で重要な要素となっています。日本国内への本格的な導入は2006AWからスタート。
メインとなるコレクションが Military Collection と Mud Guard (Sanders) Collectionとあり、今回1PIU1UGUALE3が別注したカーリングブーツは Mud Guard Collection からのスタイルとなります。

SANDERSの代表的なマッドガードル製法を採用

クレープソールの側面にラバーのテープをアッパー下部からソール下まで覆うように巻きつける製法で、その名の通り泥除けを目的としています。またスティーブ・マックィーンが愛用していた事でもよく知られています。特殊な製法の為オールソール交換は不可ですが、部分的なラバーの補修や付け足しなどは可能です。 現在この製法で靴を生産できる工場は世界でも限られています。

クレープソールの側面にラバーのテープをアッパー下部からソール下まで覆うように巻きつける製法で、その名の通り泥除けを目的としています。またスティーブ・マックィーンが愛用していた事でもよく知られています。特殊な製法の為オールソール交換は不可ですが、部分的なラバーの補修や付け足しなどは可能です。 現在この製法で靴を生産できる工場は世界でも限られており、Tricker’sやGeorge Coxなどのマッドガードシューズも SandersがOEMで作っています。


フロントジッパーがポイントのシンプルカッコイイデザイン

元々は北欧マーケット向けにのみ生産されていたモデルでしたが、近年各国のリクエストにより全世界で展開しております。牛革スムース(黒)、スウェード(グレージュ)+リアルシープスキンのフルライニング、マッドガード製法で、防寒性と快適性に富んだモデルとなります。1940年代の英国空軍のパイロット向けに作られたフライングブーツをデザインソースとしています。フロントの特徴的なZIPPERは1piu1uguale3オリジナルのエクセラを採用しています。




1piu1uguale3がイギリスの靴ブランドSANDERSとコラボしたカーリングブーツ

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします