発売されて90年以上。和洋折衷せんべい「元祖山親爺」

発売されて90年以上。変わらない味で皆様から愛され続ける、和洋折衷せんべい「元祖山親爺」の魅力。

by 函館千秋庵総本家

View

484

値段

¥ 500

在庫数

3

発売されて90年以上。和洋折衷せんべい「元祖山親爺」

編集日時: 2020/08/25 14:07

北海道函館市で1860年に創業した老舗和菓子店、

函館千秋庵総本家です。

 

今回は函館千秋庵といえばこの商品、

「元祖山親爺」についてご紹介します。

 

--------------------

 

“元祖山親爺”とは

 

発売されてから90年以上。

変わらない味で今も皆様に愛され続けている「元祖山親爺」。

 

洋風文化が早く伝わった函館らしく、材料にバターと

水の代わりに函館近郊の牧場の牛乳を使用している、和洋折衷せんべいです。

日本茶にはもちろん、コーヒーや紅茶とも合うお菓子です。

 

 

 

 

“山親爺”の意味

 

「山親爺(やまおやじ)」とは「ヒグマ」の愛称。

北海道独特の呼び方です。

 

だから元祖山親爺には、熊が描かれているんです。

スキーを履いて鮭を背負っている、なんとも愛らしい山親爺...。

絵柄は2種類。どんな違いがあるのか、ぜひ見てみてくださいね。

 

また、元祖山親爺の形は雪の結晶となっており、

ここでも北海道らしさが表現されています。

 

 

 

 

元祖山親爺のこだわり

 

昔ながらの製法で、白玉粉と小麦粉を牛乳で練り、さっくり焼き上げました。

どんな風につくっているのか少しだけご紹介します。

 

 

 

焼きあがった元祖山親爺を鉄板からはがし、

 

 

 

一枚一枚丁寧に粗熱をとります。

 

 

 

粗熱がとれたら、周りについた余分な部分、耳をとります。

この作業をすることで、舌触りや口当たりがとても良くなります。

 

 

 

こうして出来上がった元祖山親爺を、皆様の元にお届けしています。

 

 

 

いろんなシーンに合わせて

 

箱入りや缶入り、5枚入りから40枚入りのものまでご用意しております。

ご挨拶用から、ちょっとしたプレゼント用。

もちろん自分へのご褒美にも...。

いろんなシーンに合わせてぴったりなものをお選びいただけます。


 

プレゼントにもぴったりの丸缶タイプ

 

 

 

昔ながらの黒缶タイプ

 


 

BAGタイプ

 

 

 

もちろん、箱入りタイプもご用意しております。

 

いろんなタイプがございますので、ぜひ一度お試しください。

 

--------------------

 

函館千秋庵総本家

https://sensyuan.official.ec/

発売されて90年以上。和洋折衷せんべい「元祖山親爺」

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします