【PART5】まだまだ知らない素敵な窯があふれてる!ちょっとときめく★アンティークのカップ&ソーサー

【第5回】アンティーク&ビンテージにはあまり知られていない、もうなくなってしまった素敵な窯がたくさんあります!今回はその中から絶大な人気を誇るイギリスの歴史的人気窯「シェリー」という人気窯のカップアンドソーサーをアップしました!

by RUSTY ANTIQUE(ラスティー アンティーク)

View

121

値段

¥ 10,980

在庫数

0

【PART5】まだまだ知らない素敵な窯があふれてる!ちょっとときめく★アンティークのカップ&ソーサー

編集日時: 2020/02/21 10:16

みなさんはどんな食器の窯〈メーカー)がお好きですか?
ノリタケ、アラビア、コペンハーゲン、ウェッジウッド・・・素敵なメーカーがたくさんありますよね。


アンティークやビンテージの世界にも、古くから続いている、あまり知られていない、もうなくなってしまった、
レトロなデザインで可愛いetc、そんな窯〈メーカー)がたくさんあります!


↓↓↓ 今日紹介するのは、そんなアンティークカップの世界から、
絶大な人気を誇るイギリスの歴史的人気窯「シェリー」という窯のカップ&ソーサーです。




シェリーは、アンティークカップの世界で名前を知らない人がいないほど
世界中にコレクターやファンがたくさんいて、今でも絶大な人気を誇っています。








長い歴史の中で可憐で、優しいたくさんのシェリー製品がつくられました。




シェリー窯はもともとは、フォリー(Foley)窯として1853年にヘンリーワイルマンによって設立。
その後1872年にフォリーからワイルマン(Wileman)窯となり、
さらに1910年に当時の経営者の名前を取ってシェリー(Shelley)窯となります。
1966年に経営不振から閉窯となります。


シェリーのみの専門書も多く出版されています。

世界中にコレクターやファンをたくさん持つシェリーですが、
これからもシェリーのカップアンドソーサーは唯一無二のアンティークカップとして存在し続け、
多く人々を魅了し、より貴重で価値のあるものになっていくと思います。





初期、1800年代のワイルマン。





シェリーを代表する1920年代のアールデコタイプ。





バックスタンプ(刻印)も楽しみのひとつ★

1940年~1966年に用いられたスタンプ。




光に透かすとこんな感じ、シェリー製品はとても繊細です!






心を豊かにしてくれるアンティーク&ビンテージのカップ&ソーサー

食卓を彩る楽しいアートのようです!


RUSTY ANTIQUE




シェリーのカップソーサー一覧は

https://rustyantique.base.shop/categories/2098655



【第4回】アビランド窯は こちら

【第3回】ロジーナ窯は こちら

【第2回】ロイヤルドルトン窯は こちら

【第1回】コールドン窯は こちら





RUSTY ANTIQUE by ONEOVERf


500-8856 岐阜市橋本町1-10-1 アクティブG 3F (JR岐阜駅内)

tel 058-262-2996  MAP


BASEサイト: https://rustyantique.base.shop/

公式サイト: http://www.oneoverf.co.jp/


【PART5】まだまだ知らない素敵な窯があふれてる!ちょっとときめく★アンティークのカップ&ソーサー

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします

  • >
  • >
  • 【PART5】まだまだ知らない素敵な窯があふれてる!ちょっとときめく★アンティークのカップ&ソーサー