絵師米倉斉加年による「真田忍侠記」の挿絵を手に取れるアート作品にしました

絵師 米倉斉加年が描いた毎日新聞(日曜本紙)に1994年11月27日号から1996年9月29日号まで連載された「真田忍侠記」 (著 津本陽)の挿絵をアート作品にして皆様のお手元にお届けします。 他では手に入らない「手に取れるアート作品」をお楽しみください。

by Grub SALON|Grubショッピングサイト

View

1.3K

値段

在庫数

絵師 米倉斉加年による「真田忍侠記」の挿絵を手に取れるアート作品にしました

編集日時: 2017/07/03 18:29

俳優・演出家・絵師として活躍した米倉斉加年。



絵師としての活躍も顕著で、ボローニャ国際児童書展にて、1975年に 絵本「魔法の使い方教えます。」で、1976年に「多毛留」で史上初2年連続でグラフィック賞を受賞しました。

 

また、毎日新聞(日曜本紙)に1994年11月27日号から1996年9月29日号まで連載された「真田忍侠記」 (著 津本陽)の挿絵を手掛けました。

 

その挿絵を、気軽に手に取れるものとしてアート作品にしました。

 

昨年の大河ドラマ「真田丸」でも人気だった真田の面々を独特のタッチで繊細に描いています。 

 

 

 

  

 

 

猿飛佐助

 

霧隠才蔵

 

真田安房守昌幸

 

をはじめ、もちろん、真田幸村の挿絵も、アート作品にしました。



他では手に入れる事が出来ない、米倉斉加年のアート作品

アート好きな方も真田好きな方もいかがですか?

 

------------------------------------

 

アートグッズ販売 RUBVALLEY Dept. https://rubvalley.theshop.jp/

米倉斉加年ウェブ美術館 斉加年見世 https://www.masakane-mise.com/

 

 

絵師 米倉斉加年による「真田忍侠記」の挿絵を手に取れるアート作品にしました

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします