涼しげなブルーとグレーのジクレー版画で、お部屋は夏の装いに。

夏の空、紺碧の海。夏を象徴する色といえば、言うまでもなくブルーですよね。もちろん、ブルーやグリーンは寒色ですから、涼しい感覚がおのずと生まれます。ということで、今回はブルーとグレーと白だけで描かれた現代感覚あふれる抽象画を紹介していきたいと思います。

by リンズ・スタジオ・アート・ショップ

View

769

値段

在庫数

涼しげなブルーとグレーのジクレー版画で、お部屋は夏の装い。

編集日時: 2016/07/23 23:25

 

夏の空、紺碧の海。夏を象徴する色といえば、言うまでもなくブルーですよね。

もちろん、ブルーやグリーンは寒色ですから、涼しい感覚がおのずと生まれます。

 

この絵はブルーとグレーと白だけで描かれた現代感覚あふれる抽象画。グレーも少し青みがかったグレーが使われています。

アルミフレーム(額縁)も極細のホワイトで、マットもホワイト。絵の色彩だけが目に飛び込んでくるという趣向です。

 

 壁にかけても、テーブルや床にたてかけてもお洒落ですよ。フレームも50cm角の大きさで、かなりの存在感。

木村凛のこのサイズの版画は様々なシリーズがあり、季節や気分で、一つののフレームでいろいろと差し替えて楽しめます。

 

たった 1枚の絵でも、お部屋の雰囲気がずいぶん変わります。今なら普及期間で安価なのも魅力。

ジクレーは耐久性にも優れ、環境にも優しい最も先端的な技法です。

ぜひ、お部屋を涼しげなこの1枚で模様替えなさってみてください。

 

涼しげなブルーとグレーのジクレー版画で、お部屋は夏の装い。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします