7月末迄の期間限定販売!大人が楽しむお洒落な伝統和傘"个日和"で夏を涼む

7月31日迄の限定販売中!大人が楽しむお洒落な伝統和傘"个日和"で夏を涼む。岐阜県にて和傘職人最年少の河合幹子氏が作り出す美しい和傘!

by Rin オンラインショップ

View

76

値段

在庫数

7月末迄の期間限定販売!大人が楽しむお洒落な伝統和傘"个日和"で夏を涼む

編集日時: 2018/07/19 20:20

 

 

 

岐阜県で、丹念に 心を込めて作られた和傘を期間限定にて販売しております。

和傘独特の飾り糸に目を奪われる とても素敵な和傘です。

1ヶ月に30本ほどしか作れないという貴重さであり、

また現在東京圏内ではRinしか店頭販売をしておりませんので この機会をぜひお見逃しなく。

 

【職人紹介】
傘日和 河合幹子
岐阜県岐阜市で和傘職人として活動
母親の実家が老舗の和傘屋という経緯から和傘制作に携わる
日々の作業の傍ら、糸かがりの実演なども積極的に行い、多くの人へ和傘の魅力を伝えています

(和傘一覧ページはこちらから)

 

Rinオンラインショップでは日傘 4色、蛇の目傘7柄を販売中です。(一部 店舗限定販売商品あり)

 

「開いて花、閉じて竹」

そのように比喩されるように、和傘はその骨組みと開いた時に内側に広がる世界の対比が美しいと言われています。
竹と和紙が織りなす独特な世界は、洒落で粋な日常生活の道具の一つです。

 

傘日和では、専門の職人から仕入れた部品を 組み立てから仕上げまで一人で行っています。

和傘職人最年少でありながら、地道で細かい作業への真摯な取り組みと、和紙選びと糸かがりの仕上がりは圧巻で

アートともいえる手仕事には じっくり見れば見るほど感動してしまいます。

 

 

 

 

職人によって、ひとつひとつ丁寧に作り上げられる和傘はどこか温もりを感じ、

使うほどに愛着が湧きます。

 

また和傘を長持ちさせる為にも、大切にしまっておくのではなく

たまに使ってあげることで 生地や骨も空気が吸えて、それが長持ちする秘訣だそうです。

 

この夏秋、浴衣や着物といっしょに和傘はいかがでしょうか?

 

実物をご覧になりたい方はどうぞRin店舗までお越しくださいませ。

最寄駅は御茶ノ水、淡路町、小川町より徒歩5分ほど、

秋葉原•神田よりお越しの場合は徒歩10〜15分でございます。

 

Rin8890

住所:東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地 ワテラスコモン 2F 地図

 
 
営業時間:
平日•土曜  11:00-20:00
日•祝日   11:00-18:00
 
お問い合わせ:
info@rin-japan.jp
03-3525-8840
 
 
 
 
 

 

7月末迄の期間限定販売!大人が楽しむお洒落な伝統和傘"个日和"で夏を涼む

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします