ルパンも愛したイタリア車

FIAT500について

by retroitaly

View

164

値段

¥ 6,600

在庫数

4

ルパンも愛したイタリア車

編集日時: 2020/08/11 19:25



「奴はとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です。」


このセリフだけでなく数々の名言を残したルパン三世の映画「カリオストロの城」、実際に映画を見てルパンに心を盗まれた方は多いのでは。

さすが世紀の大泥棒といったところでしょうか。


余談はさておき、

この映画でルパンがカーチェイスを繰り広げた車こそがFIAT 500 (チンクエチェント)なのです。

現在もその形と名前を残したまま数々のニューモデルが発売されています。

本場イタリアでも人気は健在らしく、私のイタリア人の友人によると「イタリアで最も有名な車の一つ」とのこと。

あのキュートな形に憧れるのは全世界共通なのかもしれません。

1965年撮影

FIATと聞いた時、真っ先に黒と白のイメージが思い浮かんだ方も少なからずいるのでは、、、

そう、FIAT社は先日(2020年7月26日)イタリアサッカー・セリエAで9連覇という偉業を成し遂げた「ビアンコネロ(イタリア語で白と黒)」の名称で知られる、サッカーチームのユヴェントスのオーナー会社としての一面もあります。

補足を入れると、あのクリスティアーノ・ロナウドが所属するチームと言えばわかる方も多いはず。

FIAT社は車だけでなくイタリア人の魂ともいえるcalcio(イタリア語でサッカー)までも影響を与えています。

1964年撮影

ここでFIAT500の歴史についてお話ししましょう。

FIAT500は1936年に誕生し、当時は現在と形は異なりネズミに形が似ていたこともあり、トポリーノ(小さなネズミ)と呼ばれていました。(余談ですがイタリアではミッキーマウスもトポリーノと呼ばれることもあります、、。)

そして現在馴染みのある形になったのは「FIAT Nuova 500」発売された1957年からです。

イタリア語でNuovaは新しいという意味で、文字通り形も一新され、乗車人数も以前の2人から4人乗りに改良されました。

また当時庶民の足だったスクーターと競争できるよう価格をかなり抑え、瞬く間に人気を得て、その車は世界に広がることに。

1963年撮影

その後、2代目の発売から50年後の2007年に3代目のFIAT500が発売されましたが、形は2代目を継承し、小型で丸みを帯びた愛くるしい車体で、今も世界中で絶大な人気を博しています。


Retroitalyではルパンたちが愛用していた、2代目FIAT500を映したアート写真を多数販売しております。

愛くるしいフォルムにあなたも心を盗まれてみては?

1958年撮影

1969年撮影


ルパンも愛したイタリア車

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします