冬の定番ミリタリーといえば?ライナー付きであったかいモッズコート!

冬の定番ミリタリーといえばモッズコート! HOUSTONの M-51パーカー モッズコート オリーブです。 踊る大走査線で有名になりました。 60年代のイギリスでモッズコートの愛称で親しまれたM-51パーカーです。 ライナーがついていますので、3シーズン着用していただけます。

by アメカジ古着ファッション販売YUエンタープライズBASE店

View

2.4K

値段

在庫数

冬の定番ミリタリーといえばモッズコート!

編集日時: 2017/01/13 14:47

アメカジファンの皆様、こんにちは!

冬の定番ミリタリーといえばモッズコート!

HOUSTONの M-51パーカー モッズコート オリーブです。

踊る大走査線で有名になりました。

60年代のイギリスでモッズコートの愛称で親しまれたM-51パーカーです。

ライナーがついていますので、3シーズン着用していただけます。

◆M-51パーカとは
M-48の後継型として1951年初期に初期型が誕生しました。M-51フィールドジャケットに合わせて寒冷地用に開発されました。
(ややこしいですが、M-51フィールドジャケットが別にあります。)
防寒性のあるライナーが装着可能で、フード部分はコヨーテファーも着脱可能な仕様になっています。
(この商品にコヨーテファーは付属しておりません)
手袋を着用したままでもファスナーが取り扱えるようになっております。
そして、60年代に大量のM-51がイギリスに渡り、流行に敏感な若者達のファッションに取り入れられて「モッズコート」になります。
(ちなみにモッズとはモダンズの略)
The WHOのジャケットで着用されたり、踊る大走査線で着用されたり、日本でもなじみのあるミリタリーコートです。


◆各デティール

ミリタリーならではの機能が随所にみられます。

●ドローコード

ウェスト部、裾部には調整できるドローコードがあります。

タウンユースの際は絞ってキレイなシルエットで。


●フィッシュテール

特徴的な造りとして、裾の後ろが燕尾状に先割れしており、裾に縫い込まれたドローコード(絞り紐)にて下腿に巻きつけられるようになっています。

その裾の独特の形状から欧米等では「フィッシュテールパーカ」などと呼ばれています。

●フロントファスナーと袖部ボタン

手袋を着用したままでも操作できるようになっています。

●ライナーなどの取り付け部

気温、体温に合わせてライナーやファーが取り付けられるようになっています。

ライナーが付属していますので3シーズンご愛用いただけます。

●肩のエポレット(肩章、ショルダーループ)

 

●コーデ例
特に難しく考える必要もなく、お出かけ前に羽織るだけでサマになります。
インナー・・・・REDKAP ワークジャケット
ボトムス・・・・BLUEWAYブルーウェイ ヴィンテージ加工ストレートデニムM1403

 

 

冬の定番ミリタリーといえばモッズコート!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします