【アンティーク 入蘆花】茶人が選んだ秋の茶杯。ゆらゆら揺らめく気泡混じりの古硝子型が入荷。

茶人が選んだ秋の茶杯。ゆらゆら揺らめく気泡混じりの古硝子型が入荷。 古硝子型見立杯 5客揃(在庫4セットございます) アンティークストア 入蘆花(ロカニイル) | 2018.08.31より販売開始

by 入蘆花 (rocaniiru)

View

760

値段

¥ 24,000

在庫数

2

【アンティーク 入蘆花】茶人が選ぶ、ゆらゆら揺らめく気泡混じりの古硝子型が入荷。(5客1組)

編集日時: 2018/08/31 18:54

茶人が選んだ秋の茶杯。ゆらゆら揺らめく気泡混じりの古硝子型が入荷。
アンティークストア 入蘆花(ロカニイル) | 2018.08.31より販売開始

商品詳細 >> 古硝子型見立杯 5客揃


 

 

 

 

戦前の古い硝子型

 

現代のガラス工芸には見られないアンティーク硝子特有の歪み、無数の気泡、がたつき。

それらはオーガニックで特別な佇まいがあります。

 

 

 


透明度の高い古硝子と、ころんとした丸底フォルムの組み合わせ。

無数の気泡が混じり、ゆらゆらとゆらめく古硝子の向こう側に写る小景。

 

 

秋の音色が聞こえる

 

 

底が丸まっており、トレイに乗せて運ぶと硝子の揺れる音色が聞こえてきます。

その音色はまるで鈴虫の鳴き声のように涼やかです。

 

何度か中国茶のお茶会で使用致しましたが、

その音色に癒され、美しい茶寮のひと時となりました。

 

 

 

 

アンティークを暮らしに取り入れる

 

例えばこの小さなガラス器を小物入れとして見立てたり、

水をさし、葉物を浮かべ花器に見立ててもよいかもしれません。

 

秋を取り込んだアトリエコーディネートに使いやすいオススメのアイテムです。

 

ぜひ秋を連れて帰ってください。

 

 

 

 

 

入蘆花(ロカニイル)とは
 

お茶道具とアンティークのお店です。入蘆花(ロカニル)は禅語の「白馬入蘆花(はくばろかにいる)」より頂いた名前です。 「共に白き故に、見分け難しの意にいふ( 白い蘆花のなかに白い馬がいる。それらは共に白い為に見分けはつかないが、それぞれが確かに存在している。)」そんな意味の禅語ですが、存在や実在、虚構や異物に関する示唆を含んだ、短くも美しい問いかけは私自身のあり方や仕事について考えるきっかけとなりました。 入蘆花では古物と現代工芸を扱っておりますが、”お茶”をそれらを内包しうるものとして位置付けており、お茶道具なども多く扱っております。過去から現在に向かう系譜とこれから立ち起こっていくものの間で入蘆花らしいあり方ができればと願っております。よろしければぜひご笑覧ください。

 

https://rcnir.com/

 


 
商品詳細 >> 古硝子型見立杯 5客揃

【アンティーク 入蘆花】茶人が選ぶ、ゆらゆら揺らめく気泡混じりの古硝子型が入荷。(5客1組)

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします

  • >
  • >
  • 【アンティーク 入蘆花】茶人が選んだ秋の茶杯。ゆらゆら揺らめく気泡混じりの古硝子型が入荷。