日常に近い物だからこそこだわりの本物を。シンプルな丸胴Tシャツ

シンプルが一番。シンプルだからこそ、こだわりたい。日本製16/-丸胴度詰め天竺クルーネックTシャツ。脇の縫い目がない丸胴のTシャツ。着心地が全然違います。是非試してみてください。

by ranch standard

View

2K

値段

¥ 4,212

在庫数

3

日常に近い物だからこそ拘りの本物を

編集日時: 2016/06/09 19:15

 

 

 

「当たり障りのない無地のTシャツ」

 

 

何処にでも売っています。

 

 

数百円で買える物もあります。

 

 

無地だし色もベーシックだし、コーディネートとか色合わせとか、何も考えなくても着れて、寒ければインナーに着て、

 

 

適当に洗って、適当に干して、ダメになったらまた買って。

 

 

それらを否定するつもりはありません。

 

 

でも、ファッションアイテムの中でも一番日常に近い物だからこそ、拘りとか愛着とかを持って大事にしてもいいんじゃないかなと思いました。

 

 

デニムを大事に何年も穿き倒すように。

 

 

ちょっとしたほつれとか、汚れとか、生地の捻じれとか、

 

 

糸とか、機械とか、仕様とか、国とか。

 

 

見ただけじゃわからないし、聞かれなきゃ伝わらい事だけど、自分だけが知っていて、大事に大事に着倒してる拘りの詰まった「当たり障りのない無地のTシャツ」

 

 

ranch.daily wear products から拘りの日常をお届けします。

 

 

 

 

 

少し硬いガサついた肌触りが格好いいので16番糸という太い糸を選びました。

 

 

ペラペラは格好悪いから、しっかり目の詰まった度詰め天竺編みにしました。

 

 

脇の縫い目がストレスになるから、縫い目のない丸胴にしました。

 

 

肌触りの特徴から、同じ丸胴織機でも釣り編み機ではなく、あえてシンカー織機にしました。

 

 

生産コストは高くなるけど、クオリティーの高さと安心感と愛国心で日本製にしました。

 

 

サイズ感だとかパターンだとか職人の人間性だとか他にも書き出したらキリがないけど、僕らなりの拘りを詰め込みました。

 

 

どんなに大事にしても何時か絶対ダメになっちゃうけど、だからこそ本物を着てほしい。

 

 

穴が開いても、汚れても、大事な物が詰まってて捨てられないような「当たり障りのない無地のTシャツ」があってもいいんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

日常に近い物だからこそ拘りの本物を

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします