春になりました。リトープスの種をまいて多肉植物を育てませんか?

春になりました。リトープスの種まきに適した季節がやってきました。多肉植物の仲間、リトープスは、種から育てることで楽しみが倍増し、愛着も一層わいてきます。石ころのような可愛いリトープスを種から育ててみませんか。

by リトープスぷりん

View

12.3K

値段

¥ 570

在庫数

7

春になりました。リトープスの種まきシーズンですね!

編集日時: 2017/03/10 15:31

今回はリトープスの種子ミックス30粒をご紹介いたします。

実際に種をまく準備から発芽後までを、わかりやすく解説していきます。

 

リトープスとは多肉植物の仲間で、生きた宝石と呼ばれる不思議な植物です。

とてもかわいらしい姿をしたリトープスを種から育ててみませんか。

 

<用意するもの>

リトープスの種

培養土(多肉植物用の土や赤玉微粒、ピートモスなど)

容器(プラスチック製、陶器、お好みのもの)

スプレー

 

まず容器の底に水はけをよくするため、大きめの軽石や鹿沼土などを入れます。

中間には多肉植物用の土や、ピートモスなどを配合して入れます。

培養土の配合が難しい場合は園芸店で売っている、すでに配合済みの培養土を使用します。

害虫の発生を防ぐために、市販されている農薬を混ぜると効果的です。(使用量は購入時に確認してください)

 

 

表土には微粒の赤玉、砂利などを敷きます。

 

 

熱湯消毒をします。清潔な土を使用する場合、消毒しなくても大丈夫です。

熱湯消毒した場合、土が冷めてから種をまきます。

 

今回はショップで販売中の、リトープス種子ミックス30粒をまきます。

 

 

リトープスの種はとても小さいので、風などがない静かな場所でまきましょう。

手でパラパラとまいても良いですし、竹串や楊枝を利用して一つ一つ丁寧においていきます。

発芽した時に均等になるようにまきましょう。

 

 

39粒でした^^

種をまいた後、スプレーで軽く湿らせ、フタかラップをして表土の水分を維持させます。

腰水をして容器が常に水につかっている状態にします。

 

 

発芽状況など、ショップのブログで随時お知らせいたします。

初心者でも簡単にできる、リトープスの播種、育て方を掲載していますので、

ぜひショップをご覧になってください。

ご購読ありがとうございました。

 

 

 

春になりました。リトープスの種まきシーズンですね!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします