青い食器で素敵なティータイムを楽しみませんか?

北欧ヴィンテージ食器のお店、ALKUです。 フィンランドより希少なブルーコスモスが入荷しました。 使いずらいと思われがちな青い食器ですが、ハンドペイントの温かい雰囲気と美しいブルーの色合いとともに、素敵なティータイムを演出してくます。 ブルーコスモス、とてもよいコンディションです。

by ALKU ~北欧ヴィンテージ食器のお店~

View

1.3K

値段

¥ 7,000

在庫数

0

青い食器で素敵なティータイムを楽しみませんか?

編集日時: 2017/07/13 11:37

北欧のヴィンテージ食器、ブルーの色が多いような気がします。

 

でも、なんとなくブルーって食欲低下させる色だし、使いずらいと思っていませんか?

 

でもうまく使えば、食材もプレートの青も映えてとっても素敵に使えますよ。

今回紹介するコスモスシリーズはブラウンとブルーの2色展開です。

 

こちらのブルーは生産数が少なくブラウンより入手がかなり困難なものになります。

 

1966年~1977年まで製造されていました。

 

今回入荷のブルーコスモスは、非常に状態もいいです。

 

未使用を思わせる小傷の少なさです。

 

コスモスシリーズは、アラビア社の黄金期を支えたデザイナーの一人

 

GOGことGunvor Olin-Gronqvistの代表作です。

 

花びらを表現しているラインの1本1本がハンドペイントで描かれています。

 

バックスタンプと呼ばれる裏側のサインも、もちろん手描きで

 

同じものはひとつとしてありません。

 

ハンドペイントの温かみと、深く美しいブルーの色合いが楽しめます。

 

希少なお品ですが、飾るだけでなくぜひこんな風にティータイムに使用していただくことで、

 

時代と距離を超えて、この食器も楽しんでいただけると思います。 

 

 

もちろん比較的入手しやすいブラウンもお勧めですよ。

※アラビア社 

 1873年にフィンランドの首都、ヘルシンキのアラビア地区に創業した老舗陶器メーカー。今なおアラビアに工場を構え、製造を続けている。1950~1970年代は、カイ・フランク、エステリ・トムラ、プラ・ウラコッペ等、多くの有名デザイナーが誕生し、革新的なデザインで世界的評価を得た。その当時の食器は今も高値で取引される一方、現在もittalaの傘下で、美しいデザインを世に送り出し続けている。

 

 

 

青い食器で素敵なティータイムを楽しみませんか?

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします