紅葉の季節を楽しむなら。トリカラーを楽しめる植物「ヤマボウシ-七変化-」

ヤマボウシの斑入り品種【七変化】が紅葉を始めました。白色の斑と濃桃色、緑色とトリカラーの様で美しいです。今の時期しか楽しむことのできない七変化を、ぜひお楽しみください。

by 神多野園芸

View

1.5K

値段

¥ 3,200

在庫数

0

斑入りヤマボウシ【七変化】の紅葉の始まり

編集日時: 2018/09/20 13:33

※最終更新日:2016年11月19日

 

斑入りヤマボウシ ’七変化’(Cornus kousa 'Shichihenge')の紅葉が始まりました。

七変化は白掃込み斑が入る、ヤマボウシの園芸品種です。

ヤマボウシは晩秋から初冬に掛けて紅葉しますが、七変化のそれは、原種とは一味違います。

紅葉の始まりの時点では、葉の一部が濃桃色に染まるのですが、七変化は白掃込み斑と緑色が合わさり、トリカラーのようになります。

 

 

また、七変化の新梢は原種と違い、綺麗な濃桃色になります。

葉だけでなく、新梢まで綺麗なので、斑や紅葉と併せて楽しめます。

 

 

 

これから紅葉が進むにつれ、さらに濃桃色に染まってゆきます。

今の姿は、今しか鑑賞出来ないので、手元で日々眺めていきたいものです。

季節毎に葉色を変えてゆく姿は、まさに「七変化」です。

飽く事無く眺めていられます。

 

 

 

※2016年11月12日更新分

連日の寒さで、紅葉が進みました。

前に撮影してから5日か6日しか経っていませんが、明らかに濃桃色の発色が増しています。

同じ部分を同じようなアングルで撮影した写真も御座いますので、比較してみてください。

数日でこれだけ変化しますので、本当に飽きる間がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※2016年11月19日更新分

 

更に紅葉が進み、濃桃色が大分濃くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

※関連記事

新芽はまるで白い花!斑入りヤマボウシ【七変化】

斑入りヤマボウシ【七変化】の蕾と、斑の入り始め

斑入りヤマボウシ"七変化":白色掃込み斑と濃桃色の斑入り紅葉が時節に合わせて移ろう、まさに【七変化】

2017年の斑入りヤマボウシ"七変化"について

斑入りヤマボウシ【七変化】2018年9月の様子

 

 

斑入りヤマボウシ【七変化】の紅葉の始まり

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします