淡桃色から白色と移ろう、アメリカハナズオウ ”シルバークラウド”の新葉

アメリカハナズオウ ‘シルバークラウド’(Cercis canadensis ‘Silver Cloud’)を御紹介します。カラーリーフの中でも、斑入りの葉が特に美しい品種です。淡桃色から白色、白色覆輪と葉が移ろいます。御庭の主役にうってつけの品種です。

by 神多野園芸

View

4.6K

値段

¥ 6,000

在庫数

1

淡桃色から白色と移ろう、アメリカハナズオウ ”シルバークラウド”の新葉

編集日時: 2017/09/07 13:10

 

 

アメリカハナズオウ ”シルバークラウド” (Cercis canadensis ‘Silver Cloud’)はアメリカハナズオウの園芸品種で、斑入りの葉が美しい品種です。
上の写真は展開直後の新芽です。淡い桃色でハート型の、小さくて可愛らしい新葉です。
 
アメリカハナズオウは株立ちに育つハナズオウと違い、一本立ちの落葉小高木です。
枝を水平方向に伸ばす独特な樹形で、美しい葉も相まって、シンボルツリーに最適です。
 
 
その後、桃色が消え、下の写真の様に白色になります。
 
 
さらに、葉の中心が緑色となり、白色覆輪の葉になります。
 
 
 
夏に葉焼けし易いのが難点ですが、美しい葉色が移ろって楽しめますので、カラーリーフの中でも人気があります。
 
写真を撮影し忘れましたが、春に咲く花も美しいです。葉の展開前なので、良く目立ちます。
下の写真は、同じアメリカハナズオウの園芸品種である、”フォレストパンシー” (Cercis canadensis ‘Forest Pansy’)の花です。
 
緑色の植木の中にシルバークラウドがあると、美しさがより際立ちますので、御庭の主役にうってつけだと思います。
 
 
※関連記事
 
淡桃色から白色と移ろう、アメリカハナズオウ ”シルバークラウド”の新葉

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします