バッグの製作依頼に関するこだわり

障害者作業所の方と共同で、便利でオシャレな商品を作っています。今回は巾着トートバッグができるまで、を前半・後半に分けて書きました。障害福祉に関する、たくさんに人たちとの出会いやpescafioreの取り組みをより多くの方に知っていただきたいと思っています。

by pescafiore ペスカフィオーレ

View

1.7K

値段

在庫数

バッグの製作依頼に関するこだわり

編集日時: 2015/11/22 23:50
巾着トートバッグができるまで、の後半です☆資材(一部)の写真を載せました。


いろいろありましたが(前半を参照)、無事に製作を引き受けてくださることになりました☆

今回引き受けてくださった事業所は、神戸市長田区のハッピーエリア様、神戸市西区の六親くらぶ様、神戸市北区のいい・かげん様、神戸市須磨区のすまいる・フレンズ様。

前半で書くのを忘れていましたが、事業所探しとマッチングをしてくださったのが、以前のブログでもご紹介させていただいた、神戸市東部地域障害者就労推進センターの小川さんです。

ありがたい限りです(*^_^*)


さあ、これから資材を送ってスタートだ!と思ったものの…

メインの生地である帆布が高い!複数だと裁断がややこしい!縫製指示書を書くのが難しい!

…といった、新たな問題が(-。-; でも、一つ一つ地道に問題を片付けるしか方法はありません。

大阪船場の卸生地屋さんや資材屋さんに何回も足を運び、いいものを調達しました。

型紙の寸法を元に、無駄なく楽に裁断できるようにと、裁断図を作りました。

どうすれば分かりやすい指示書になるのかと、細かいところまで考えて、縫製指示書を書きました。

(実際には手違いでおかしなところもありましたが、皆さんがいろいろと教えてくださったので、さらにいいものに改良できました)

結局、資材を送るまでに2週間くらいかかってしまいましたが、なんとかお渡しできて、製作がスタートしました。(皆さん、待ってくださってありがとうございました~!)


そして今、それぞれの事業所さまから商品を納入していただいています。

あと、特別編ですが、神戸市長田区の就労継続支援B型の事業所「七つの海」さまにも(自主製品としての位置づけですが)バッグを作ってもらっています。

製作にまつわるお話はまた後日書きますね。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!


バッグの製作依頼に関するこだわり

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします