フレスコペーパーのお試しセットで聚楽、砂岩、白化粧の質感を体験してみませんか?

粒子化フレスコペーパーの生み出す視覚効果の解説です。塗り壁をシートした特殊なインクジェットペーパー!!ランダムな凹凸が生み出す視覚効果!!

by アートやクラフトだいすきなあなたにうれしい素材を販売「A&Cショップ」

View

722

値段

¥ 2,000

在庫数

14

粒子化フレスコペーパーの生み出す視覚効果解説!! ランダムな凹凸は、、、!!

編集日時: 2018/09/07 23:02

当社、オリジナルのインクジェット用メディア!!


粒子化フレスコペーパー!!

 

 

紙をベースに表面に乗せられた細かい粒子!!

その粒子はランダムに並び、パターン化された凹凸とは違い、

視覚的に多くな役割を果たします!!

 

 

 人の視覚の特徴は

動画のようにその場のものをクリアにしかも途切れることなく見ることができる

人の持つ視覚というものは、光の可視光領域の情報を画像として認識している

何ともすごい機能なのです。

 


カメラには取り込み時間というものをが存在しますが人の目にはそういうものは存在しません。

動画というものはその情報を記録しているだけですが、人はさらにその特徴を捕まえてみなければならないものを選択していきます。

 

この間に行われる作業の過程で視覚情報の現在見て得られた情報のほとんどは使われません、、、、

 


その使われない情報に対して、欠損したものは記憶から情報は読み込まれるような処理をしています。

 

このような処理をすることによって、この処理のデメリットによって、人は目に錯覚というものをが起こるのです。

 

ここで、当社のメディアの特徴が最大限に生きるポイントがあります!!

 

まず、人は日常のほとんどを反射光によって画像情報を得ています。

その中で特徴的な形状や色などを捕まえる習性がありますが、、、、、

 

当社のメディアには、パターンのある凹凸は存在しません!!

つまり、コンテンツの持つ色情報というものが特徴と認識されるため、無地で感じる凹凸は、

出力したものをみる段階で、コンテンツの持つ色情報に制限されるのです(照明の設定も大切です。)

 

また、照明をあてたときに色飛びが起こりますが、

通常の平滑性のあるものでは近づくと色は濃く、離れると色が薄く感じますが、

 

当社のメディアではこの現象が逆転します!!

近づくと色は薄く、離れると色は濃くなります!!

 

なぜ、このような現象が起こるのか、、、、

それは、ランダムにつくられた凹凸による効果なのです。

このメディアは塗り壁の表面をシート状に再現した粒子かフレスコペーパーです。

デジタルプリントの表現領域はメディアによってさらに広がることを私たちは期待しています。

さらに、インテリアとして、写真や絵画が装飾的にもっと使われ広がることによって生活が豊かになることを

期待しております。

 

 

粒子化フレスコペーパーの生み出す視覚効果解説!! ランダムな凹凸は、、、!!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします