レッスン4.持ち手の作り方(マルシェカゴ)

紙バンドで作るマルシェカゴの作り方を紹介しています。材料は、紙バンド。道具は、洗濯バサミ、工作ハサミ、目打ち、木工用ボンド、PPバンドです。工作感覚で作れるので、手芸が苦手な方にもピッタリです。CHIKAのおうちかご

by ouchikago

View

1.2K

値段

在庫数

レッスン4.持ち手の作り方(マルシェカゴ)

編集日時: 2018/07/31 18:55

マルシェカゴの作り方もいよいよ最終回。

持ち手をつけて完成です。

 

持ち手の作り方

持ち手をつけるために残しておいた縦ヒモに、好みの長さに切った持ち手用の紙バンドを内側と外側からボンドで貼ります。

 

 

持ち手を補強します

持ち手の端から端まで、さらに2本幅の紙バンドで巻いていきます。表裏から見て、隙間があかないように詰めながら巻きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ:リボンの作り方

12本幅の紙バンドを半分に折り、両端から中央へ曲げます。中央にボンドを塗って固定します。

さらに、中央に12本幅の紙バンドを巻きます。

 

カゴ本体にボンドで貼って、完成です。

 
 
作り方のまとめはYouTubeチャンネルでご覧ください。

 

 
 
 

マルシェカゴのキットは、紙バンドを購入したけれど、市販本を見ても作れなかった方にオススメのキットです。

編み方は、追いかけ編みと、ねじり編みだけなので、規則正しくリズミカルに!楽しく作れるようになります。

色は、1色のみで仕上げるカゴになります。白色、黒色、ナチュラル(薄茶色)の中からお好きな色を選んでください。

 

一つ、カゴが完成したら、ぜひお手持ちの紙バンドでカゴを作ってみてください。

きっと、もっと上手に作れるようになりますよ。

レッスン4.持ち手の作り方(マルシェカゴ)

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします