沖縄本島よりさらに300㎞も南に位置する温暖な島の有機完熟マンゴー

燦燦と南国の日差しが降り注ぐ沖縄県宮古島に隣接する来間島。マンゴー栽培に適した隆起珊瑚礁石灰岩土壌の地で、生産者の砂川さんは環境に配慮した有機栽培(オーガニック)に取り組んでいます。濃厚でとろけるような食感を味わっていただくために、自然に落下するまで樹上で完熟するのを待ってから収穫しています。

by 大將青果

View

269

値段

在庫数

沖縄本島よりさらに300㎞も南に位置する温暖な島の有機(オーガニック)完熟マンゴー

編集日時: 2018/07/11 00:41

 

この時期、贈り物にもお勧め!

とっておきのトロピカルフルーツをご紹介します。

 

私がお邪魔したのは、沖縄県宮古島に隣接する来間島。

有機栽培を実践されている砂川さんご夫妻の農園。

ご自身で栽培されたフルーツや、宮古島周辺の特産品を使用したスイーツやドリンクなどを提供するカフェも経営されています。

見た目も鮮やかなドリンクをいただき、マンゴーを栽培しているハウスを見学させていただきました。

 

↓ マンゴーの花

 

 

「宮古島にはハブがいないんですよ。」

ハブは酸性の土壌に生息しているから…

宮古島は「隆起サンゴ礁石灰岩土壌」という古代の珊瑚の化石である琉球石灰岩の風化作用によりできたアルカリ性の土壌、このアルカリ性の土壌がマンゴー栽培には適しているそうです。

 

そして…

沖縄本島よりさらに300㎞も南に位置する温暖な島なので、宮崎をはじめとする九州、本土の産地のように暖房で加温することなく、南国の燦燦と降り注ぐ太陽光を浴びながら自然のままに成長します。

 

↓ マンゴーハウス内の様子

 

マンゴー栽培に適した環境を守るために、果実栽培では珍しく…

砂川さんは化学合成農薬を使用せず、有機栽培(オーガニック)でマンゴーを栽培しています。

それだけでも頭が下がる思いなのに…

お客様に『一番、良い状態で召し上がって欲しいから…』

ということで、マンゴーが完熟して袋に落ちるまで待ってから収穫しています。

 

収穫のピーク時期には睡眠時間も短くなり…

『夢の中でガサっ て袋にマンゴーが落ちた音で目が覚めることがあるんですよ。(笑)』

奥様が明るく話してくださいました。

 

後日、砂川さんから嬉しいお知らせが

『宮古島のマンゴーコンテストで最優秀賞をいただいて…』

 

 

砂川さんご夫妻が手塩にかけた安全で美味しい完熟アップルマンゴー

濃厚な甘さととろけるような滑らかな食感!

ギフトはもちろん、ご自宅用にもお勧めです。

↓ こちらは1kg詰め(2~3個)入りの画像

 

是非、ご利用ください。

 

沖縄本島よりさらに300㎞も南に位置する温暖な島の有機(オーガニック)完熟マンゴー

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします