スニーカー=野暮ったいのワナ。おしゃれ女子の意識を変えた「ダッドスニーカー」って?

海外コレクションやSNSで人気急上昇中のダッドスニーカーを知っていますか?その名の通り、お父さんの靴のようなゴツさがインフルエンサーたちの心を掴み、足元革命を起こしているんです。今年コーデに迷ったらまずダッドスニーカーを検索してみて。

by BASE Mag. 公式

スニーカー=野暮ったいのワナ。おしゃれ女子の意識を変えた「ダッドスニーカー」って?

編集日時: 2018/03/29 18:22

スニーカーが「大人っぽおしゃれ」な今。



カジュアルで、子供っぽいイメージだったスニーカー。
大人=ヒールだと、しっかりステレオタイプに踊らされ、しばらく遠ざかっていましたが
今、足元ファッションに異変が。

雑誌やInstagramのおしゃれキーワードとなり、見ない日はないと言っても過言ではなく、
着くずしたり、モードに仕上げたり、ガーリーに見せたり、
もはやスタイルのある大人だからこそ着こなせる、
敷居高めなおしゃれアイコンにまで昇華されています。

 


2018年、履きこなせたらヒロイン!「ダッドスニーカー」

 
どんなコーデも新鮮に、エッジを効かせてくれるスニーカー。
ただ楽だから履いていたという人も、カジュアルすぎて未挑戦という人も、
今年はまず、「ダッドスニーカー」で検索してみましょう。

 

 

 

SNSでも話題のダッドスニーカー。
インフルエンサーたちの注目の的です!
 

ダッドスニーカーとは

その名の通り、日曜日にお父さんが履くようなゴツめのシューズで
2018年秋冬コレクションにてバレンシアガが発表したtripleSが火付け役となり、
おしゃれセレブの間で「野暮った可愛い」と大ブームになっているシューズのこと。
 
今年はダッドスニーカーを制するものがおしゃれを制す!とても重要なキーワード。


 

スニーカー選びのポイントは”パンプスを選ぶように”




流行っているのは理解できても、実際にコーディネイトするとまた話は別、という方に。

スニーカーを選ぶときは、よく着る手持ちアイテムをイメージすると選びやすいです。
デザインが可愛くて一目惚れ!だと合わせるアイテムに苦労することも多いですよね。
パンプスを選ぶようにスニーカーを選んでみると、しっくりくるかもしれません。

 

選び方① 初心者は無地。特に春夏は白が使いやすい。 

何にでも合わせやすい白は、一足持ってると便利。
ワンピースでも、デニムでも、合わせるアイテムを選ばず、爽やかに演出してくれます。


 

選び方② シンプルコーデが多い人はカラフルなデザインをアクセントに

一見難しそうなコンビネーションカラーのスニーカーですが、
シンプルコーデのアクセントになってくれるお役立ちアイテムなんです。
足元で遊ぶ。これができると上級者ですね。


 

選び方③ カラーなら今年はピンク

カラーは難易度が高いイメージですが、ヌーディなピンクだと肌の色に馴染みやすいのでスタイリングの邪魔をしません。
コーデが浮かない上、女性らしさをキープできるのでおすすめです。


 

選び方④ 旬の配色を取り入れてみる

春夏のトレンドでもあるモノトーン。無彩色なのでコーディネイトがしやすいのもポイント高いですね。

 

今年は「とりあえずスニーカー」でOK!

トレンドが分からないという人も、今年はスニーカーを押さえればOK!
手持ち服と相談して、即戦力スニーカーをゲットしてくださいね。


 
スニーカー=野暮ったいのワナ。おしゃれ女子の意識を変えた「ダッドスニーカー」って?

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします