「あのパンマン以外の選択肢を子供に与えたい」新米パパ・田村淳の子育て術!

田村淳さん作のキッズ向けキャラクター『サンサン』が先日発表されました。家に帰れば娘を子に持つパパである淳さんが、たいよう保育園の園児と一緒に考え、「#あのぱんまんにかとう」のキャッチフレーズでも話題を呼んだそのキャラクターについて生みの親である田村淳さんにお話を伺いました。

by BASE Mag. 公式

「あのパンマン以外の選択肢を子供に与えたい」新米パパ・田村淳の子育て術!

編集日時: 2017/11/07 16:03

先日発表された田村淳さん作のキッズ向けキャラクター『サンサン』。たいよう保育園の園児と一緒に考え、「#あのぱんまんにかとう」のキャッチフレーズでも話題を呼んでいます。
大学入試への挑戦も発表され、発表会にも学生服で現れた田村淳さんですが、家に帰れば娘を子に持つパパ。
テレビではあまり見せないパパの顔ですが、子育てでは自分の意見を押し付けるのではなくいろんな選択肢を与えてみて、自分で判断してもらうことを大切にしているそう。そんな想いからキッズに大人気の『あのパンマン』以外の選択肢を作ってみるという挑戦をスタートさせました。
 

子供の成長に改めて考えさせられる



-- パパになられて初めての子育て。率直な感想を聞かせてください。

子供にとってすべての体験が初めてなわけで、僕自身もあらゆることがとても新鮮な気持ちです。
例えば僕はバナナを食べた経験があるけれど、子供にとってはそれも人生で初めて経験するイベントの1つ。そんな些細なイベントに一緒に立ち会っていると、「あれ?自分が初めてバナナを食べたときどんな感じだったっけ?」「次にバナナを食べるときは味わって食べてみよう」と考えるようになりました。

-- パパとして、育児で気をつけていることは?

僕自身は押し付けることが好きじゃないので、自分で選んで決めるという経験を大切にしています。だから親として自分の娘にはいろんな選択肢を見せてあげるように意識しています。限られた選択肢の中から選ぶのではなく、できる限りたくさんの選択肢から選んだほうが楽しいじゃないですか。
 

子供たちが好きなように作る新しいキャラクター

 
-- 新しいキャラクターを作ろうと思ったきっかけは?

自分がパパになる前から、「なんで日本の子供に与えるキャラクターには『あのパンマン』しか選択肢がないのか?」と不思議に思っていました。
結局、いつかは『あのパンマン』が好きになるだろうし、落ち着く気はするんですよ。だけど、もっと他の選択肢があっていいと思うし、「子供にもっとたくさんの可能性を見せてあげたい!」「じゃあ自分で作ればいいじゃん!」って思って新しいキャラクターを作ってみました。
将来、「このキャラクターはお父さんが考えたんだぞ」って自慢できるくらい『サンサン』が人気者になったら最高ですね(笑)。

-- 保育園の園児と一緒にキャラクターを作ってみてどうでしたか?
 
園児たちが目や口、鼻や輪郭などのパーツからキャラクターを作り上げている様子

子供に好きになってほしいものは子供に直接聞きながら作ったほうが絶対良いと思って園児と一緒に作ってみたんですが、自分がいかに固定観念にとらわれて生きているか想像以上に痛感させられました。今回生まれた『サンサン』は人間と似た風貌になっていますけど、鼻が鼻の位置にあるなんてまだいいほうで(笑)。ルールは一切ないので口や目が本来の場所になくても良いし、実際にそういうキャラクターもたくさん生まれたりしました。子供たちの素直に思ったことを思ったままに作り上げる姿は正直羨ましくも見えました。。

-- サンサンが完成してみて、淳さん自身の感想はどうですか?

正直に言うと、不安でしたね(笑)。
今回協力してくれたたいよう保育園の園児は本当に自由に作り上げるなあと感心しました。だけど出来上がったサンサンを見て、最初は「これで本当に園児は選んでくれるのか……?」「これで『あのパンマン』に対抗できるのか……?」と。
でも1歳になった娘にも見せてみたところ反応が良かったんですよ!それこそ『あのパンマン』と並べて見せたんですけど、そのときは勝ったんですよ!そのときはね(笑)。だからおとなには理解し得ない魅力が詰まったキャラクターが出来たんだなあと自信を持つことができました。
 


-- ライバルキャラクターはやっぱり……?

まあ何度も言っていますけどやっぱり『あのパンマン』です。ライバルというよりは選択肢としての『サンサン』なのでどっちも好きになってもらえたらうれしいですね。
そのためにも今後はサンサンの仲間を作ったり、物語を作ったり、それこそアニメにしたいな、なんて思ってます。

-- もう忘れてしまった幼き頃の体験や感情を思い出し、子供の目線に立とうとする田村淳さんの姿はパパそのものでした。たいよう保育園の園児たちとともに作ったサンサンもきっとたくさんの子供に好かれ大切にされていくと信じ、これからの展開も考えていきたいとのことでした。


田村淳さん
1973年⽣まれ。
1993年4⽉に⽥村亮とロンドンブーツ1号2号を結成する。テレビ朝⽇「金曜★ロンドンハーツ」、MBSテレビ「林先⽣が驚く初⽿学!」、BSスカパー「⽥村淳の地上波ではダメ!絶対!」などに出演。ヴィジュアル系バンドjealkbのボーカルとしても活動。
2016年には第⼀⼦が誕⽣。2017年には番組の企画にて「100⽇で⻘⼭学院に合格する」べく、⽇々勉強中。趣味はお城、パソコン、バスケットボール。

 
「あのパンマン以外の選択肢を子供に与えたい」新米パパ・田村淳の子育て術!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします