クリスマスに贈りたい!ひとりの職人が専属でつくるレザーアイテム「REDMOON」「PAILOT RIVER」

もうすぐクリスマス!プレゼントにお悩みの方へ、ネイティブアメリカンの雰囲気がかっこいい、日本の職人さんがつくるレザーブランドはいかがでしょうか。1993年に後藤恵一郎さんによって生まれた「REDMOON」そして、REDMOONを超えるブランドとして2011年に生まれた「PAILOT RIVER」。どちらも一人の職人さんが、裁断、縫製、箱詰めまで、あなたの為に製作してお届けする、特別なアイテムです。

by BASE Mag. 公式

クリスマスに贈りたい!ひとりの職人が専属でつくるレザーアイテム「REDMOON」「PAILOT RIVER」

編集日時: 2016/11/04 21:37
クリスマスプレゼントや自分へのご褒美に、受注が入ってから職人さんの手でひとつひとつ丁寧につくられるレザーアイテムはいかがでしょうか。

今回は“進化するベーシック”をコンセプトとするネイティブアメリカンの雰囲気がかっこいい、レザーブランドのご紹介です。1993年に後藤恵一郎さんによって生まれた「REDMOON」そして、REDMOONを超えるブランドとして2011年に生まれた「PAILOT RIVER」。どちらも一人の職人さんが、裁断、縫製、箱詰めまで、あなたの為に製作してお届けする、特別なアイテムです。

PAILOT RIVERに先駆けて1993年に生まれてから不動の人気を誇る「REDMOON」それまでファッションの脇役でしかなかった財布を「レザーウォレット」の名で世の中に認知させ、主役の座にまで押し上げた先駆者でもあるのです。一体どんな背景でつくられているのでしょうか。まずは制作風景と、創始者後藤恵一郎さんのをインタビューをご覧ください。



ひとりの人にかっこいい!と言っていただくために、「ひとりの人のためにつくる」ジャパン・オリジナルのレザーアイテム。お客様だけでなく、職人さん自身の存在をとても大切にする後藤さんの想いが伝わってきます。

そんな「REDMOON」と「PAILOT RIVER」を販売するショップNEOLATINEから、おすすめのアイテムをピックアップしました。

REDMOON HR-01A

「ウォレット」というアイテムを世の中に定着させた、REDMOONのベストセラーアイテム。”経年変化”という言葉は、このウォレットから生まれたと言っても過言ではありません。紙幣やコインを入れて使い続けても形が崩れないよう、長い目で見た視点で設計されています。4色展開です。




PAILOT RIVER PR-KUJIRA-MW
シンプルでコンパクトなお財布。コンチョもストラップも無く、ミシンステッチも最小限になっていますが、大胆に施された「PR」の焼き印が一層輝きます。



PAILOT RIVERはREDMOONと異なるアプローチで表現されたブランドです。REDMOONのスタイルを継承して、物作りを追求した製作手法を用いてつくられるレザーアイテム。ブランド立ち上げまでREDMOONの20年間築き上げてきた、伝統的な口伝継承を用いて師匠から弟子に伝えられ、マニュアルを一切持っていないそうです。これからの展開が楽しみになるブランドです。すでに長年REDMOONのアイテムをお持ちの方や、シンプルさの中に遊び心が欲しい方はPAILOT RIVERのアイテムをまずひとつ取り入れてみてはいかがでしょうか。



どちらも本当の”経年変化”を楽しめるとっておきのアイテムです。この機会にぜひご覧くださいね。

▽ショップページ
http://store.neolatine.com/

 
クリスマスに贈りたい!ひとりの職人が専属でつくるレザーアイテム「REDMOON」「PAILOT RIVER」

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします

  • >
  • >
  • クリスマスに贈りたい!ひとりの職人が専属でつくるレザーアイテム「REDMOON」「PAILOT RIVER」