現代風にデザインされた伝統工芸品の数々。「CRAFT」が提案する、上質なライフスタイル

日本に脈々と受け継がれてきた、伝統工芸品。その技術力の高さは世界でも評価され、”クラフトマンシップ(職人気質)”は日本のものづくりを代表する言葉となっている。そんな、日本に古くから根付く伝統工芸品に現代的なデザインを加えた製品を動画で紹介・販売しているショップがある。それが「CRAFT」だ。今回は、「CRAFT」で販売している商品をいく。

by BASE Mag. 公式

現代風にデザインされた伝統工芸品の数々。「CRAFT」が提案する、上質なライフスタイル

編集日時: 2016/09/12 11:13
日本に脈々と受け継がれてきた、伝統工芸品。その技術力の高さは世界でも評価され、”クラフトマンシップ(職人気質)”は日本のものづくりを代表する言葉となっている。

そんな、日本に古くから根付く伝統工芸品に現代的なデザインを加えた製品を動画で紹介・販売しているショップがある。それが「CRAFT」だ。
 

この投稿を見ればわかるように、「CRAFT」で販売されている商品にはどれも職人の強いこだわりが詰まっている。今回は、「CRAFT」で販売している商品をいく。

ソークトレイL / 波佐見焼



長崎県東彼杵郡波佐見町付近で生産されている陶磁器「波佐見焼」。その起源は400年前にまで遡る。「波佐見焼」が持つ魅力を”今”の暮らしの形に切り取り、発信し続けている陶磁器メーカー「マルヒロ」と、1997年から陶器づくりを手がけてきた「菊祥陶器」がコラボすることで誕生したのが、このソークトレイ。



4色のアースカラーは釉薬ではなく、焼き物の生地に染み渡る特殊な絵の具を使用することにより、石や紙のようなマットな風合いに。どの色でも部屋のインテリアに馴染んでくれることだろう。また、生地の表面に水をはじく加工を施しているので、料理によるシミも心配ご無用。メイン料理や、デザートの皿として幅広く活躍してくれる。

見た目だけでなく、機能面への配慮も忘れない。そんな波佐見焼の魅力が詰まった一品。日本に古くから存在する「波佐見焼」がデザインによって現代風に昇華。ぜひ手にとって、波佐見焼の新しい魅力を感じとってほしい。
シルキータンブラー 大 / 大阪浪華錫器



続いて紹介するのが、シルキータンブラー。このシルキータンブラーには、300年以上にも及ぶ歴史を持つ大阪の錫器造りの伝統が詰まっており、その制作を手がけているのが「現代の名工」に認定された伝統工芸士・今井達昌を代表として、国が認定した5名の伝統工芸士を擁する大阪錫器。経済産業大臣の指定を受けた「伝統工芸品」である「大阪浪華錫器」を中心に製造しており、彼らがつくる大阪浪華錫器には長年にわたって錫器製造をリードしてきたこだわりと情熱が詰まっている。

錫でつくられたシルキータンブラーは、飲み物の口当たりを柔らかく、まろやかな味わいに変えると言われており、保温性も高く、冷たい飲み物を長時間冷たいままで味わうことができる。このタンブラーで日本酒、焼酎を味わうのもいいが、何よりオススメなのが「ビール」。

内側が凸凹になっているため、ビールを注ぐときに細やかな泡が生まれ、クリーミーな泡の蓋でビールの鮮度を長時間保ってくれるという。「仕事終わりに家で美味しいビールが飲みたい」そう思っている人にはぴったりだ。いつも使っているグラスで飲むのではなく、時には伝統的な技術が詰まったグラスでビールを飲んでみてはいかがだろう?
TSUMUGI - 富士 / 山中漆器



最後に紹介するのは、職人の卓越した技術によって最大限に引き出された木目の美しさが特徴的な、石川県加賀市の山中温泉地区で造り出される「山中漆器」を”リ・デザイン”し、現代の食卓に蘇らせた「TSUMUGI」。

山中漆器のメーカーとして、100年以上の歴史を持つ老舗の「我戸幹男商店」と、umu design の 石崎育味氏がコラボすることによって誕生した山中漆器は日本のアイコンでもある富士山をイメージ。その形は無事や不死を意味し、末広がりの形状から、子孫繁栄や商売繁盛を象徴しているのでプレゼントとしても最適だ。

長い時間の中で受け継がれてきた伝統的なフォルムを、みなさんの食卓にも添えてみてはいかがだろうか?

日本の伝統技術とデザインがコラボレーションすることによって、次々に生み出されている伝統工芸品の新たな形。「これまで伝統工芸品のことを知らなかった……」そんな人たちにこそ手にとってほしい商品が「CRAFT」で販売されている。インテリアにもなる、現代風にデザインされた伝統工芸品を一家にひとつ置いてみてはどうだろう?
現代風にデザインされた伝統工芸品の数々。「CRAFT」が提案する、上質なライフスタイル

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします