日本を誇る錫(すず)メーカー「能作」によってつくられる片口で、ひやおろしを楽しみませんか?

富山県高岡市でつくられる「能作」の片口についてご紹介します。酒器を変えると、一層お酒が美味しく感じることがあります。錫(すず)は飲み物の味をなめらかにする効果があるんです。普段使っている酒器を一新してみませんか?

by BASE Mag. 公式

日本を誇る錫(すず)メーカー「能作」によってつくられる片口で、ひやおろしを楽しみませんか?

編集日時: 2016/09/09 15:59
酒器を変えると、一層お酒が美味しく感じることがあります。そろそろひやおろしの季節。普段使っている酒器を一新してみませんか?
本日は富山県高岡市でつくられる「能作」の片口についてご紹介します。
 


能作は、世界に知れ渡る知名度を誇る、錫(すず)をつくるメーカーです。なんと今年で創業100周年! 記念の年です。

さて、こちらの片口ですが、陶器や磁器と比べてスタイリッシュな見た目です。どんなテイストの食器にも合わせやすい、シンプルな形。プレゼントの際も選びやすいデザインです。
約280ccのお酒が入るサイズなので、シーンに合わせて入れる量を調整できるのが良いところ。
「今日は一杯だけ呑みたいな」という気分の時や、来客時のおもてなしにも。



お酒を入れる前にひとつ工夫したいのが、「片口を2分だけ冷蔵庫に入れてみる」ことです。錫(すず)は熱伝導率が高いので、あっという間にキンキンに冷えます。

夏に味わう冷たいお酒が、口の中であたたかく広がっていく感覚はやみつきになります。これからの季節は、冷酒にして秋の味覚と一緒に味わっても良いですし、ぬる燗にすることも可能。(熱燗にすると熱くなりすぎて手に持てなくなってしまうので、ご注意ください…!)

錫(すず)には飲み物をまろやかにする効能があります。日本酒だけでなく、ワインやお水を注いでも良いかもしれません。
食器として使っても、食卓で映えるデザインです。



そして、意外とお手入れも簡単なんです!
使った後は台所用洗剤で洗うだけ。曇ってきたら重曹を試すとぴかぴかになります。
収まりも良いので、収納も簡単です。



うっかり落としても割れないので、永く愛用できる片口です。
日本酒好きな方へのプレゼントにも最適です。何気ないちょっとしたプレゼントにいかがでしょうか。この機会にぜひご検討くださいね。

▽ショップページ
http://iremono.thebase.in/

 
日本を誇る錫(すず)メーカー「能作」によってつくられる片口で、ひやおろしを楽しみませんか?

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします