夏バテ対策にスタミナ補充!おいしいうなぎとおいしいお米のハンバーガー!

夏は暑さでいつもバテちゃう……そんな人に是非食べていただきたいうなぎバーガー!土用の丑の日がなぜうなぎを食べる日なのかご存知でしょうか。スタミナ満点のうなぎバーガーをたべて元気を出してください!!

by BASE Mag. 公式

夏バテ対策にスタミナ補充!おいしいうなぎとおいしいお米のハンバーガー!

編集日時: 2016/06/30 22:31

皆さん、土用の丑の日の準備はおすみですか?
今年2016年は6日の土用の丑の日が存在します。

そもそも土用の丑の日ってなんでしょうか?

土用の丑の日は五行説に基づいています。
これは万物は木、火、土、金、水の五元素から成り立っているとする考え方です。
そのため、季節もそれぞれ
春は木、夏は火、秋は金、冬は水と分かれています。

季節は4種類しかないので、土があまりますね。
このあまった土を4シーズン全てに等しく存在するということで
季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬の前18日間を土に分類して、土用と呼ぶことにしたのです。

そして、こうした土用の中で、十二支で表した中の丑の日が土用丑の日となります。

でも、なぜ土用の丑の日にうなぎを食べるのでしょうか?

諸説ありますが、江戸時代に暑くて売れなさ過ぎたうなぎ売りが平賀源内に相談を持ちかけるところから始まります。
そこで平賀源内は、土用丑の日、うなぎの日というキャッチコピーを作って売り出すと飛ぶようにうなぎが売れたということです。

うなぎを売るためのキャッチコピーの土用の丑の日から、逆に土用の丑の日はうなぎを食べるという習慣ができたということです。

この源内のコピーを考えた裏には、丑の日に「う」のつく食べ物を食べると体に良いという習わしもあり、うなぎはズバリ民衆に浸透したという背景もあるようです。


そこで今回はうなぎをテーマにご紹介します!

近江米バーガー茶漬け「うなぎ」

契約農家で丹精こめて作られた近江米コシヒカリを、秘伝のタレをたっぷりと染み込ませ香ばしくおにぎり風に焼き上げたライスバンズで、自家製本格炭火焼きのうなぎ蒲焼を挟みました。

またシャキシャキと食感が楽しい季節のきんぴらごぼうと、滋賀県産近江茶ベースの出汁茶を注ぎ、一緒にお茶漬けにすればひつまぶし風のお茶漬けまで楽しめます。

なんと、この鰻彩堂はフジテレビ、TBS、テレ朝、日テレ、関西テレビなどの主要キー局を含む各種メディアでも取り上げられ、とっとりバーガーフェスタvol.2で滋賀代表として出展するなど、滋賀を代表する名産品として有名です。

ぜひこの機会に食されてみてはいかがでしょうか!


manzaido
http://manzaido.thebase.in/
夏バテ対策にスタミナ補充!おいしいうなぎとおいしいお米のハンバーガー!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします