長く大事にしたい。手彫でつくるぬくもりある木のアクセサリー「16」

無垢材×異素材を組み合わせたピアスやネックレス、ブローチなど素敵なアクセサリーを制作されている「16(ジュウロク)」。数々のセレクトショップや雑誌でも紹介されているので既に知っている方もおられるかもしれません。この雰囲気の良さは手作業ならではですね。

by BASE Mag. 公式

長く大事にしたい。手彫でつくるぬくもりある木のアクセサリー「16」

編集日時: 2016/08/02 14:39
無垢材×異素材を組み合わせたピアスやネックレス、ブローチなど素敵なアクセサリーを制作されている16(ジュウロク)。数々のセレクトショップや雑誌でも紹介されているので既に知っている方もおられるかもしれません。

この”木のアクセサリー”を作っている佐藤さんは、事務職として働きながら専門学校の夜間コースで製図などを学んだそうです。一点一点彫刻刀で彫っていくのは手に相当負担がかかりそう。でもやはりこの雰囲気の良さは手作業ならではですね。

ピアス
カツラの木で作られたつぶつぶピアス。まるで丸い木のパーツをたくさん集めたように見えますが、一つの木材から削り出しています。先端についたスワロフスキーがキラキラしてとても素敵。リボンのような形に仕上がっていますが、かわいさだけじゃない、上品さが詰まっています。

イヤリング
サンゴと木材も合うんですね。木材と同系色のガラスビーズが質感に変化を持たせ、黒のスワロフスキーがデザインをキリッと締めてくれています。縁の銀色も華やかですし、サイズも横幅4センチあるのでパーティなどにもいいですね。存在感のあるピアスは顔周りを引き締めてくれるので小顔効果も!

ピアスS042P-C
16のピアスは素材の組み合わせだけでなくデザインの面白さも素晴らしいです。耳たぶの小さい人も大きい人も、自分にあったデザインを見つけられるのではないでしょうか。

necklace
こちらはミズキの木を使ったネックレス。存在感はあるのにとても上品。おばあちゃんになっても使いたい、そんなデザイン。

木材は長く使うと色が変化していきます。その経年変化も楽しみたい、長く大事にしたいアクセサリーですね。


16 (ジュウロク)
http://juroku.theshop.jp/
長く大事にしたい。手彫でつくるぬくもりある木のアクセサリー「16」

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします