蚊帳を持ち歩く!?奈良県の地場産業”蚊帳生地”を使ったハンカチをチェック

”蚊帳”と聞くと何を思いますか?わたしはとなりのトトロを思い出します。それほど昔のものだと思っていた蚊帳ですが、実は今”蚊帳生地”が話題なんです。蚊帳を使ったハンカチ、ショール。要チェックです!

by BASE Mag. 公式

蚊帳を持ち歩く!?奈良県の地場産業”蚊帳生地”を使ったハンカチをチェック

編集日時: 2016/08/02 12:40
みなさんが夏にお困りのもの、嫌だなあと思うものはなんでしょうか?
日焼け、汗の匂い、とまぁいろいろあるとは思いますが、寝るときにあると嫌なモノ、ありますよね?

そうです、蚊です。

一日の汗を流してやっと寝れる!と布団に横になった瞬間に…!あの嫌な羽音が聞こえると、もう気分は最悪ですよね。蚊を見つけるために電気を付けて、精神を集中させて目を凝らして…なんてしてたらせっかく綺麗さっぱりしたのにもう汗だく…なんてことも。

そんな状況を避けるべく、我々の祖先たちが編み出したのが”蚊帳”でした。

蚊帳とは奈良県の地場産業であり、1mm程度の網目で織られた布のことをいいます。風は通すが蚊は通さないという画期的な蚊除けです。
今も昔と変わらず蚊帳を使用されている方は少ないとは思いますが、そんな画期的な技術を現代に活かさないだなんてもったいないですよね。

今回はその蚊帳生地を活かした商品を扱うショップをご紹介します!

「ホーホー雑貨店」はどこか好奇心をくすぐるようなアイテムを中心とした品揃えが豊富な雑貨屋です。
”ホーホー”という名前からフクロウをモチーフにしたアイテムが多いかと思いがちですが、アイテムを見て、使って、「ほぉ…」という感嘆が出ればいいなという気持ちから名付けられたお店なので、フクロウモチーフはひとつもございません(笑)

実際にショップを拝見すると、「ホー」と感嘆の声が出るほどのたくさんの蚊帳商品がございますので、早速ご紹介していきたいと思います♪

  こちらの「かやハンカチ」。TPOを選ばずに使えるチェック模様はとても有り難いですよね。
奈良の地場産業である蚊帳生地で丁寧に作られたハンカチは、生地がしっかりしているため長くお使いいただけます。
最初はノリが効いてるため、少し固いかな?と感じるかもしれませんが、洗濯を重ねるごとに柔らかくなり、また吸水性も増すという優れもの。
蚊帳生地が二枚重ねて作られているというのもこちらのハンカチの特徴。実はこのチェック柄はボーダー柄の生地を2枚組み合わせることによって出来ているものなのです。
使用を重ねることによって、1枚1枚がそれぞれ変わった風合いを出してくるのも趣があっていいですよね。
お値段も648円とお手頃なので、気に入ったら買い足すのもアリですよね♪

この他にも 同じ蚊帳生地を使ったショールなどもありますので是非一度ショップをチェックしてみてください!

いかがでしたか?伝統的なものって持ってるだけでもちょっと気分が良くなったりしますよね。お友達に自慢したら「ホー」という感嘆の声が貰えるかも?

ホーホー雑貨店
http://hoohoozakka.theshop.jp/
蚊帳を持ち歩く!?奈良県の地場産業”蚊帳生地”を使ったハンカチをチェック

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします

  • >
  • >
  • 蚊帳を持ち歩く!?奈良県の地場産業”蚊帳生地”を使ったハンカチをチェック