「何か、が宿るもの」を作り続けるgris-gris(グリグリ)の革製品がとても素敵

アフリカの言葉で「お守り」を意味するgris-gris(グリグリ)をショップ名にしている gris-gris leathers - グリグリレザーズさん。グリグリレザーズさんが作る革製品は、「何か、が宿るもの」を追求しています。オーダーメイドでの製品制作もできるので、革製品が好きなかたや、自分だけの革製品を持ち歩きたい方は、ぜひ。

by BASE Mag. 公式

「何か、が宿るもの」を作り続けるgris-gris(グリグリ)の革製品がとても素敵

編集日時: 2016/04/30 21:20
アフリカの言葉で「お守り」を意味するgris-gris(グリグリ)。そんな素敵な言葉をショップの名前にしている gris-gris leathers  - グリグリレザーズ(以下、グリグリレザーズ)さんという素敵なショップを見つけたのでピックアップしていきます。

では革製品を手作りしています。グリグリレザーズが制作している革製品は、ただ機能的なだけではない「何か」。ただカワイイだけではない「何か」。暮らしの中にあり、同じ時間を過ごすことで生まれる「何か」を追求して制作してるとのこと。

使えば使うほど味がでる、革製品にぴったりなフィロソフィーですね。

ショップの説明文には、

革は食肉文化の副産物。古来から動物の肉は私たちの命をつなぐ糧となり、
皮は鞣(なめ)され革となり、暮らしの道具として利用されてきました。
命のつらなりに感謝の気持ちを常に忘れず、制作させていただきます。

と書かれています。とても素敵ですね。動物から取れる皮は、私たちの生活とは切っても切れない関係です。
文明が発達して、身の回りに無機質なものが多くなった、今の時代だからこそ、革製品は輝くのかもしれません。

さっそくですが、グリグリレザーズで販売されている素敵な革製品をピックアップしていきます。

belt S
こちらは豚革で作られたベルトです。上着に隠れてしまうベルトだからこそ、おしゃれが映えるアイテムなのではないでしょうか?
たまにちらっと見えるベルトがおしゃれだと、「このひと、身なりに気を使っているんだな!」と思ってしまいますよね。
 
バックル部分には、経年変化する真鍮無垢を使用しているので、革部分のベルトと共に経年変化を楽しむことができます。

kusukusu Blu×G
こちらの財布は、革の端のイイトコロをつぎはぎにした kusukusu(クスクス)。
革がもつ自然の形をそのまま残して制作されているのでまさに一点ものです。一点ものって大量生産された商品よりも、愛着がわきますよね。
 
カードも10枚程度入るらしいので、少し多くカードを持ち歩く方も安心です。

バッグ kz tote
こちらは、少し大きめのトートバッグです。
横が40センチあるので、ノートパソコンをいれて持ち歩くこともできますね。
大きさがちょうどよくて、カッコいいトートバッグを探していたのでとても欲しいです。ただいま売り切れ中なので入荷されたら購入したいなと考えています。
 
内ポケットも1つついてるのでトートバッグのなかにある小物をまとめるにも便利そうです。
トートバッグも常に持ち歩くものなので、質がよく、愛着のわくアイテムを持ちたいですよね。

どうでしたか?記事を読んで、グリグリレザーズが制作されている革製品を気に入ったかたもいるのではないでしょうか?

デザインや裁断、革漉き、縫製、仕上げまで、1人で、そして、ミシンを使わず、手作業で行っているということに驚きです。
修理も承っていただけるみたいなので購入後も安心して使うことができますね。

ショップに掲載されている商品は、すべて色違いなどのカスタムオーダー、フルオーダーが可能なのでご相談して、自分だけの革製品をオーダーしてみてもいいかもしれませんね。

気になった方は、ぜひショップ覗いてみてください。

gris-gris leathers 
http://grisgris.base.ec/
「何か、が宿るもの」を作り続けるgris-gris(グリグリ)の革製品がとても素敵

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします