【インタビュー】サロンプロデュースや商品開発も!人気雑誌『FUDGE』が型にはまらない展開をする理由

スタイリッシュな【大人】を目指す、ライフスタイルにまで【こだわり】のある、決して【可愛い】を忘れない女性のための雑誌『FUDGE-ファッジ-』。 最近主流になりつつある、シンプルでベーシックなファッションの先駆けとも言えるFUDGEは、BASEを使って、ここでしか手に入らないオリジナル商品を販売する『FUDGEonlineshop』という企画をおこなっています。

by Mag.インタビュー

【インタビュー】サロンプロデュースや商品開発も!人気雑誌『FUDGE』が型にはまらない展開をする理由

編集日時: 2015/09/01 18:34
スタイリッシュな【大人】を目指す、ライフスタイルにまで【こだわり】のある、決して【可愛い】を忘れない女性のための雑誌『FUDGE-ファッジ-』。

最近主流になりつつある、シンプルでベーシックなファッションの先駆けとも言えるFUDGEは、BASEを使って、ここでしか手に入らないオリジナル商品を販売する『FUDGEonlineshop』という企画をおこなっています。

また、FUDGEは表参道にてサロン『amalo』もプロデュースしたりと、雑誌の枠にとらわれない活動をしており、ファンの心を掴んでいます。

そんなFUDGEの今まで、そしてこれからの展開について、FUDGEonlineshopの担当兼amaloのディレクターの(株)ジャランジャパン・加藤氏にお話を伺ってきました。



ー ファッション雑誌が商品販売を行なうといった企画は従来からありますが、サロンの展開はユニークですね!経緯を教えてください。

「お話自体はFUDGEonlineshopと同時にありました。雑誌というメディアを最大限に活用するスキームとして、オンラインと一緒に提案した際にピックアップして頂いたことがきっかけです。出店場所やスキーム、内装、スタッフなど、いろいろなお話合いを経て現在に至ります。」

ー 実際、6/1にグランドオープンしてみて反響はどうですか?

「大きくメディアに出すことはしていないので、FUDGEの濃いお客様にご来店頂いています。年齢も職種も様々で、遠方からご来店頂いているお客様もいらっしゃるので、お客様とお話すると毎回新しい発見や改善点が見つかるので、お客様と一緒に良いお店を作っていければと思います。」



ー サロンがオープンする前から商品企画も行なっていたわけですが、ちなみにこれまでの商品の中(靴、コーヒー、アクセサリー、眼鏡、靴下、帽子)で反響の良かったものを教えてください。

「全アイテムそれぞれに違った反響があり、多くのお客様から良いコメントを頂くことができました。」

ー 商品の展開ラインナップはどうやって考えているんでしょうか?今回、バッグを販売している経緯も教えてください。

「ラインナップ自体は、編集部と話し合い、企画やシーズン性なども加味して決めています。バッグにした経緯も、上記のスケジュールに合わせて行っています。」

ー 現在販売中のバッグは、かなりお求めやすい価格帯だなと感じたのですが、生産には苦労されたんじゃないですか?普通、価格を下げようとすると海外生産になると思うんですが、日本製ですよね!

「協力メーカー様やブランド様と綿密な打ち合わせをして、商品作成を行っています。やはり、良いものを読者にお届けしたいので、利益よりも読者やブランドのお客様の顧客満足を重視しています。」

ー ボストンバッグは、2WAY仕様で、小振りな形というのがユニークだと思うのですが、どうしてこの仕様にされたんですか?

「FUDGEのスタイリストが中心となって、商品の選定を行いました。トレンドのミニボストンは2個持ちのアクセサリー感覚を重視しています。2WAYで使いやすさも考えています。」



ーシンプルな黒とネイビーに混じって、レッドを展開しているのが面白いなと思ったのですが、それぞれどんなシチュエーションでコーディネートすると良い等のアドバイスをください!

「基本的に、3つともアクセサリー感覚という部分あるので、メインのバックと2個持ちして頂きたいなと思っています。

ブラックは、どんなスタイルにも合わせやすい色なので、カジュアル、ベーシックなど幅広く使っていただけます。

ネイビーは、デニムスタイルやベーシックなスタイルに合わせて。

レッドは、コーデのアクセントで使って頂きたいので、シンプル目なコーデと相性が良いかと思います。」



ー 同時に販売しているトートバッグは定番ながらも、性別年齢問わず使えそうですよね。どうしてラインナップに加えたんでしょうか?

「今回はトレンド商品とベーシック商品の組み合わせでラインナップを考えていたので、ミニボストンではトレンド感、トートではベーシックの打ち出しとして加えました。」

ーシンプルな黒とネイビーに混じって、レッドを展開しているのが面白いなと思ったのですが、それぞれどんなシチュエーションでコーディネートすると良い等のアドバイスをください!

「基本的に、3つともアクセサリー感覚という部分あるので、メインのバックと2個持ちして頂きたいなと思っています。

ブラックは、どんなスタイルにも合わせやす色なので、カジュアル、ベーシックなど幅広く使っていただけます。

ネイビーは、デニムスタイルやベーシックなスタイルに合わせて。

レッドは、コーデのアクセントで使って頂きたいので、シンプル目なコーデと相性が良いかと思います。」

ー 同時に販売しているトートバッグは定番ながらも、性別年齢問わず使えそうですよね。どうしてラインナップに加えたんでしょうか?

「今回はトレンド商品とベーシック商品の組み合わせでラインナップを考えていたので、ミニボストンではトレンド感、トートではベーシックの打ち出しとして加えました。」



ー 誌面やウェブによるファッション情報の提供に留まることなく、アイテムの提案、そして今回のヘアスタイル、美容の提案と、女性の美に関わる情報発信をされているわけですが、一番伝えたいメッセージとこれからの展望をお聞かせください!

「FUDGEの世界観の打ち出しをしていくのはもちろんですが、リアル媒体であるということを活かして、お客様のニーズを取り入れ常に、ブラッシュアップして来店頂く度に新しい提案をしていければと思います。」

ー 最後に、この記事をTwitterかFacebookでシェアして頂いた方に、何か特典をつけていただけますでしょうか?

「では、この記事をシェアして、そのシェアした画面を店頭で見せて頂ければ、サロンの店頭で使用できる10%オフのクーポン券をプレゼントします!」

というわけで、この記事をTwitterかFacebookでシェアした方に、FUDGEプロデュースサロン『amalo』で使えるクーポンをプレゼントします。

◎詳細
シェアした記事をamalo店頭で見せることで、その場で10%オフ。

これからの展開もとっても楽しみなFUDGE。オンラインショップの情報もFUDGE内に掲載されているので、買い逃がさないように是非チェックしてくださいね。 


【サロン情報】
amalo
東京都渋谷区神宮前3-15-4 j-hill side 2F
表参道駅より 徒歩7分
明治神宮前駅より 徒歩5分
地図はこちら
【インタビュー】サロンプロデュースや商品開発も!人気雑誌『FUDGE』が型にはまらない展開をする理由

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします