SHOJIFUJITA ― 優しい佇まいバッグと革小物たち

レザーアイテムは頻繁に買い替えない品物だからこそ、一生付き合える逸品を選びたいもの。今回は絵に描いたかのような優しい曲線で表現された「SHOJIFUJITA」の魅力に迫りました。

by BASE Mag. 公式

SHOJIFUJITA ― 優しい佇まいバッグと革小物たち

編集日時: 2015/08/17 18:32
まるでイラストレーションかのような曲線で描かれた一つのトートバッグ。

過度な装飾もなく構成されたそのシンプルな佇まいに惹き寄せられるようにじっと目を凝らすと、それがとても丁寧に考えられ生まれたものだと気づく。

アトリエ兼ショップのMAISON
SHOJIFUJITA
を訪ねたとき、作り手であるフジタ氏が「ここに来て、本当に独りで作っていたんだねって言われることがあるんですよ」と話していたのがとても印象的だった。

それくらい、SHOJIFUJITAの作品は綺麗で美しい。

 

DEARMYFRIEND、ある1人の友人との出会いによって生まれたというエピソードを持つバッグと、そのバッグを作る際の廃材を再活用して生まれたポーチ、GOODLUCK

 
プロダクトごとに名付けられたシリーズ名もどこかチャーミングで、ドキュメントファイルからイメージを得たSTANDBYMEも、自然の形からインスピレーションを得て他のシリーズとは異なる色合いをはなつPIEACEも、男女年齢問わず扱えるそのデザインは、ずっと昔から暮らしの傍らにあったのかような気さえする。
   

きっと、おばあちゃんから娘へ、娘からその娘へと受け継がれていくのだろう…と先日、WEEKEND
BASE
でケアに関する質問をした際「メンテナンスも修理も行なう 」と氏が当たり前のように話されているのを聞き安心したと同時に、そう確信した。

どんな時もどんな場所にでも。持ち手とともに刻んだ時や皺こそがデザインだと考えるからこそ、SHOJIFUJITAの作品は優しい佇まいをしているんだ、きっと。

SHOJIFUJITAの作品はブランドの意向によりオーダー制となっていますが待つことを楽しんでみてはいかがでしょう。きっと待った甲斐があったなと思うはずです。Walls_Magasinでも取り扱っているのでタイミングが合えば入荷しているときがあるかもしれません。
 
SHOJIFUJITA ― 優しい佇まいバッグと革小物たち

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします