ドイツ在住の方が選んだ、そっけない表情だけどかわいい「ヨーロッパ古着」

人気のヨーロッパ古着。1970年代の東ヨーロッパ雑貨が好きで、切手やマッチラベルなどの小物をいくつか持っています。ヨーロッパ古着も同様に独特の世界観があり、日々のスタイルに取り入れていきたいなと思っています。

by BASE Mag. 公式

ドイツ在住の方が選んだ、そっけない表情だけどかわいい「ヨーロッパ古着」

編集日時: 2015/08/13 11:32
1970年代の東ヨーロッパ雑貨が好きで、切手やマッチラベルなどの小物をいくつか持っています。ヨーロッパ古着も同様に独特の世界観があり、日々のスタイルに取り入れていきたいなと思っています。

ドイツ在住の方がOPENしているショップ「otanishop」でかわいいヨーロッパ古着を見つけたので、いくつか紹介します。



チェコスロバキア製 プルオーバーシャツ OD


1970年代の社会主義時代のチェコスロバキア製プルオーバーシャツ。「いかにも」なカラーリングが良い。ざっくり着られる一枚。

 

ドイツ製 グランパシャツ


1960年代のドイツ製。汚れもありますが、それも古着の味。ヨーロッパ古着は時代を経ても変わらない普遍的なオシャレさがありますね。

 

ドイツ軍パジャマシャツ


パジャマだけあって、ゆったりと着心地が良さそう。長めのシャツとして女性にもおすすめかも。

 

ロシア軍 ボーダー 半そで


ロシア軍おなじみのボーダー柄。パステルカラーがかわいい。

 

東ドイツ プルオーバーシャツ DDR


旧東ドイツ製のプルオーバーシャツ。スタンドカラーのシャツです。色合いがかわいい。これぞヨーロッパ古着。


 
ドイツ在住の方が選んだ、そっけない表情だけどかわいい「ヨーロッパ古着」

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします