指輪の重ね付けは当たり前。その組み合わせに飽きたら、布と指輪を重ね付けしてみませんか?

秋と言えば、読書・芸術・スポーツ・食欲の秋と、益々お出かけが楽しくなる季節♪ 頭の先からつま先まで。 おしゃれがとても捗ります。 そこへちょっと粋な方法でシルバージュエリーをプラスして楽しんでみませんか。

by oddsandends

View

1.3K

値段

在庫数

シルバージュエリーの粋な楽しみ方

編集日時: 2017/02/12 23:49

四季を楽しめるのは、日本の良いところのひとつ。
京都はそろそろ夏の暑さも少し落ち着いて、秋の気配を感じます。
秋と言えば、読書・芸術・スポーツ・食欲の秋と、益々お出かけが楽しくなる季節♪
頭の先からつま先まで。
おしゃれがとても捗ります。
そこへちょっと粋な方法でシルバージュエリーをプラスして楽しんでみませんか。

今回ご紹介するのは「山脈のゆびわ」です。

京都を囲む山脈をイメージしたこのシンプルなシルバーリング。
実は、ほんのひと工夫でそれぞれの「私色のゆびわ」に大変身することをご存知の方は少ないかと思います。
簡単なので、その方法も書いてみますね。

1:まずは、ご自身の「秋の山」のイメージに近い布・写真・落ち葉などを探します。
2:ゆびわと大体同じ形に切り抜きます。
3:ゆびわの形に丸め、端をテープか接着剤でとめます。
4:布または落ち葉を指にはめます。
5:その上から山脈のゆびわをつけてみましょう。

自分だけの「山脈のゆびわ」の完成です!

これは、透かしならではの遊び♪
私は銀杏の落ち葉で作ってみました。
山の景色ごと、指につけているみたいでしょう。

布や落ち葉は薄くて柔らかいものがお勧め。
写真もいいかもしれませんね。
この方法は、いつも使うリングよりも1,2サイズ上の方が余裕が出て遊びの幅も広がりますよ。
植物だと、もって1日ですが、儚いところがまた秋らしいと思いませんか。
是非、お試しください。

Odds&Ends 広報:キシモト 

シルバージュエリーの粋な楽しみ方

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします