レトロ可愛い、不思議と落ち着く。かたっぽイヤーカフ「ちまり留まりて」

12月もそろそろ3分の1が過ぎる頃。パーティーシーズンはもうたけなわといったところかな、そしてお正月の準備に皆様取り掛かっている頃でしょうか。「ハレ」の準備に奔走した後は、ちょっとだけ、「ケ」に戻ってきて普段使いのアクセサリーについて考えてみてはどうでしょう、なんていうご提案を、今回は。

by nuta design

View

82

値段

¥ 1,350

在庫数

1

レトロ可愛い、不思議と落ち着く。かたっぽイヤーカフ「ちまり留まりて」

編集日時: 2018/12/10 00:43

クリスマス、そして年末年始と行事が続いてゆく師走、

皆様それぞれの準備やイベントに文字通り「奔走」なさっている頃でしょうか


今年のパーティーシーズンの装いはどんな具合でしたでしょうか、

お正月はどんな風に過ごされますか


…だなんて。


ワクワクキラキラ楽しい季節であることは間違いないものの、

やることも多くって日々慌ただしく過ぎ去っていく中、


ああもう、これ以上「ハレ」の日のことを私に聞かないで!


なんて気分になっちゃう方もおられるのではないかしら


毎日毎日「ここ一番!」なフルメイクをしていると髪もお肌も疲れちゃうように、

ちょっとだけ、人も疲れてしまうもの。


ここらで少々脱線を自分に許して、


「さ、ところで」


って感じに目の前の「決めなければならないこと」から視線を逸らし、

普段使いのアクセサリーのことなど考えてみるのはどうでしょう

意外なリフレッシュになるかも。


というわけで

(実は作り手である私も疲れているのかもしれません…笑)





今回は、飾り結びのイヤーカフ、

紐を手染めして作る、小さな花が耳元に咲くようなデザインのものを


なんだか懐かしいレトロさを感じる、

濃いピンクと紫色の花弁を重なり合わせて作りました


「ハレ」の場に出るほどあからさまな主役色でもないのだけど、

色合いとして実は結構はっきりと存在感がありつつ


でも不思議な「枯れ」感のある、そんなイヤーカフ。





日常の中の、地に足のついた可愛らしさ、ちょっとした華というのは

生活をする上で徐々に意図せずそこに集まってきた色彩で雑多に構成されているのにも関わらず

主体である「わたし」の趣味やセンスが無意識のうちに、けれども濃厚に反映されていたりして

だから


ああ、それって「あなた」らしいね


と、他者によって初めて見出されたりするもので。






そしてそれはなかなか、我々作り手にとって

おいそれと表現しようとしてできるものでもなく、

が、故に

焦がれるように追い求めてしまうのです


なぜ、という色の組み合わせの中にこそ、見出される落ち着き。

レトロ可愛い、不思議と落ち着く。かたっぽイヤーカフ「ちまり留まりて」

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします