国内外から注目されている盆栽。主役を引き立てる木製屏風『ありそうでなかったカタチ』

日本伝統の盆栽 主役を輝かせるアイテム ポピュラーな金屏風・格子それぞれの 特徴・長所・短所を感じ 『ありそうでなかったカタチ』の 屏風作成に取り組みました。

by nishiteruya

View

246

値段

在庫数

国内外から注目されている盆栽。主役を引き立てる木製屏風『ありそうでなかったカタチ』

編集日時: 2018/05/31 11:44

日本伝統の一つ『盆栽』

近年外国からも注目され、メディアでも数多く取り上げらてれいます。

先日観たTV番組では業界の変化

観る盆栽が『静』なら、つくる盆栽が『動』と興味深い内容でした

盆栽は年配の方、生活ランクの高い方が行うイメージも変化して

一般の方々にも広がり、手ごろな盆栽、ガーデニング、ハーバリウム

など、若い方にも多く普及してきました。

癒し、達成感、が得られる身近な趣味になりつつあるようです。

この商品は盆栽鑑賞時、盆栽の後ろに置き主役(盆栽)を引き立たせる屏風ですが

大きく分けて【金屏風・格子屏風】があるようです。

大半は金屏風で一部格子屏風と言った感じでしょうか?

盆栽素人の私が『なぜ大半が金屏風なのか??』と感じた時

金ぴかもあり、和柄を一面(全面)に切り抜いた屏風もあり

その中で、主役とわき役の立ち位置が完成されていた屏風。

金屏風・格子それぞれの特徴・長所・短所を感じ

『ありそうでなかった』屏風作成に取り組みました。

あと一歩をカタチにしていなかった部分を考え、

出来たのが『ありそうでなかった』このカタチ。

『何かそんなに違う?・あんまり変わらないでしょ?』

そう感じた方は是非この屏風を置いてみて下さい。

『ありそうでなかった』の意味が伝わると思います
※確約するものではなく個人感想です

 

 

商品は1つ1つ自工房で作成しておりますので
【数量】以上の在庫は御座いません。再販までお待ち下さい

【商品概要】
木製 屏風(2曲)
材:ヒノキ・和紙・蝶番
和紙貼り部・和柄部レーザー加工(切り抜き)
サイズ
閉まった時 横:170mm 縦:250mm 厚さ:10mm
開いた時  横:341mm 縦:250mm 厚さ:5mm

国内外から注目されている盆栽。主役を引き立てる木製屏風『ありそうでなかったカタチ』

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします