日光産のシカ革でつくる!手作りブレスレット♡

日光産のシカ革をつかってハンドメイドアクセサリーを販売しています。日光に訪れたときは実際にご自身でハンドメイド体験をすることも可能です。 今後商品を少しずつ増やしていく予定ですのでぜひ一度ご覧になってください!♪

by Nikko deer

View

342

値段

在庫数

日光産のシカ革でつくる!手作りブレスレット♡

編集日時: 2018/02/05 16:21

「日光」と聞くと、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか。

 

修学旅行で訪れたときの記憶や、世界遺産の日光東照宮、華厳の滝などの観光名所などがいくつか浮かんでくるかもしれません。

 

そんな「日光」という地は、みなさんにあまり知られていない顔も持っています。

 

 

栃木県日光市では年間2,000頭ものシカが捕獲されており、捕獲されたシカの多くは廃棄処分となっています。

 

なぜシカが増えすぎてしまったのか。

 

なぜシカを捕まえなければならないのか。

 

 

原因は自然の変化だけではなく、わたしたちにも関わっています。

 

地球温暖化により積雪が減り生息できる範囲が増え、冬を乗り越えられるようになったシカはより食糧を求めるようになります。森のなかの木々や植物はもちろん、おばあちゃんたちがつくっている畑の作物もシカにとってはただの食糧です。

 

 

 

 

厳しい自然を生き抜くために植物を食べるシカの行為に罪はなく、しかし、このまま放置するわけのもいかない。

 

ただいのちを奪うだけではなく、

 

たいせつな恵みとしていただくために日光産のシカ革はうまれました。

 

 

そしてシカ革の利活用を促す組織【日光MOMIJIKA】と情報共有し、現在Nikko deerでは手作りのアクセサリーを販売しています。

 

 

 

今回ご紹介するこのブレスレットは、ハンドメイド体験としておこなうメニューのなかでも大人気の一品です。

 

 

シカ革の特徴でもあるやわらかさとしなやかさを活かし、チェーンと絡めることで華奢な印象も醸し出すブレスレットとなっています。

 

 

日光に訪れたときにご自身でつくることもできますが、

 

 

 

 

なかなか日光に訪れることができない方や、自分で作るにはあまり自信のない方のために販売をおこなっています。

 

 

腕周りの長さを16cm程度として作成していますが、取り付け部分はアジャスターチェーンを使用しているので長さを調整することも可能です。

 

色は現在キャメルのみですが、今後カラーバリエーションも増やしていく予定です。

 

 

 

 

 

シカの革はあまり馴染みがないかもしれませんが、触れていただくとわかる牛革などとは違う魅力があります。

 

この商品を知ってもらい日光の自然について考えてもらえると幸いです。

 

 

ぜひ一度、私どもの商品をご覧になってください(^^♪

日光産のシカ革でつくる!手作りブレスレット♡

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします